Laravel @extends @include コンポーネントの違いを知りたい人のために解説

Laravel テンプレート・リンク
スポンサーリンク

Laravelは @include, @extends, componentsと、テンプレートのための機能がそろっています。

どう使い分けるかは次のとおり。

  • ファイルを丸ごといれるなら@include
  • 一つのテンプレートをつかうなら@exclude
  • 要素ごとに分けてテンプレートをつくなら components

Laravel8を使い、使い方と違いを、分かりやすくまとめてみました。

スポンサーリンク

@includeで他ファイルを丸ごと入れる

@includeを使うと、他のファイルを丸ごといれられます。

たとえば、デフォルトで用意されている ‘welcome’ ファイルを挿入するには、次のように入れるだけ。

埋め込んだページを表示させると、welcomeページが表示されます。

@extends @yield @section でテンプレートファイルを利用

@extendsを使えば、テンプレートファイルを作り、その中に今回用の内容を入れたりできます。

テンプレートと違う内容を入れたい箇所は、テンプレートでは@yieldを入れます。

表示用のbladeファイルでは、この部分を@sectionで囲みます。

“welcome”ページをテンプレートとして利用する例をお見せします。

welcomeページの47行目あたりに、 @yield('contents') を挿入しておきます。

 

 

ビュー(表示)用のbladeファイルを次のように作ります。

@extendsの後にテンプレートページであるwelcomeページを指定。

@section(‘contents’)~@sectionには、このページオリジナルのコンテンツをいれます。

ビュー用のページを表示させると、次のようになります。

「テストします」が@section(’contents’)~@endsectionで囲んだ箇所ですね。

 

 

@yieldと@sectionを使えば、このようにファイル間で部分ごとに部品を取ってこれます。

componentsで要素別テンプレートファイルを作れる

componentsは、もう少し大掛かりな仕掛けといえます。

componentsフォルダの中にheader.blade.php, footer.blade.php など要素ごとにテンプレートファイルを作り、これをひとつの親ファイルに合体させます。

 

 

こうすることで、今回用のファイルにサイドバーとマスターテンプレートの内容が反映されます。

componentsの作り方はやや長くなるので、別ファイルにまとめました。

基本の作り方はこちら。

@extendsでも同じことはできますが、componentsを使えば、毎回親ファイルのリンク先を指定せずにすみます。

さらに変数を使ってbladeファイルごとにテンプレートの表示内容を変えたりといったことも可能。

変数を受け渡す方法はこちらにまとめました。

用途やお好みでファイル間のつなげかたを選んでくださいね。

Laravel テンプレート・リンク

【無料プレゼント】

「LaravelでWebアプリをいちから作れるようになりたい!」

そんなLaravel初心者のあなたへ【Laravelの教科書】基礎編プレゼント中!
会員制フォーラムサイトを学習しながら作れます。

詳細はこちらをクリック

【個別サポート実施中】

「本ブログに記載の方法を試してみたけれど、うまくいかない」「コードを見てほしい」という方のために、有償でメールサポートいたします。以下のボタンをクリックして相談フォームにアクセスして下さい。

詳しく見る

Twitter始めました。
スポンサーリンク
40代からプログラミング!

コメント

タイトルとURLをコピーしました