Laravel コンポーネントを使ってBladeに変数を渡す方法

Laravel テンプレート・リンク

Laravelではコンポーネントファイルを使って変数を受け渡せます。

これによってテンプレートファイルを使いつつ、ページごとに表示を変えられます。

変数を受け渡す方法を解説していきます。

Laravel コンポーネントを使ってBladeに変数を渡す方法

コンポーネントファイル→ビューファイルに変数を受け渡す方法は次のステップで進めます。

  • コンポーネントを定義したファイルで変数を設定
  • →コンポーネントファイルに変数を埋め込む
  • →各ビューファイルで変数部分の表示を変える

① コンポーネントファイルを作成

下記コマンドでコンポーネントを作成します。

これによって、次の2つのファイルができます。

  1. app/View/Components に Test.phpファイル
  2. resources/views/components にtest.blade.phpファイル

②コンポーネントのモデルファイルを編集

先ほど作った app/View/Components/Test.php に次のように入力し、変数を設定します。

さらにコンストラクタの定義部分に次のように入れます。

入力後のファイルは次のようになります。

③コンポーネントのテンプレートファイルを編集

$titleという変数を、テンプレートファイル側に埋め込みます。

resources/views/components/test.blade.php に次のように入力します。

④ビュー用のbladeファイルを編集

最後にビュー(表示)用のbladeファイルを準備します。

resources/views フォルダにtrial.blade.phpファイルを作成し、次のように入力します。

ルート設定も忘れずに行っておきます。

routes/web.phpに次のように入れます。

⑤ページの表示確認

それでは 【 /trial】を開いて、ページを確認してみます。

次のように表示されれば成功!

黄色の蛍光ペン箇所が、 ビュー用のファイルに入れた部分。

title= の後の言葉を変更することで、ページごとに表示を変えられます。

なおcomponentsの基本の使い方はこちらをどうぞ。

Laravel テンプレート・リンク

【Laravelの教科書・無料プレゼント】

Junko
Laravelの使い方を覚えたい!と思ったら、ぜひ、役立ててほしいです。
ひつじプログラマ
会員制サイトをいちから作っていくよ。ボタンをクリックして詳細を見てね。
Laravelの教科書の詳細を見る

Laravel8版と、最新のLaravel9版、ふたつのテキストご用意してます♪

【無料プレゼント】

「LaravelでWebアプリをいちから作れるようになりたい!」

そんなLaravel初心者のあなたへ【Laravelの教科書】基礎編プレゼント中! 会員制フォーラムサイトを学習しながら作れます。

詳細はこちらをクリック

Laravel8版と、最新のLaravel9版、ふたつのテキストご用意してます♪

Laravel関連のご相談承ってます♪
「Webアプリを開発してほしい」
「社内にLaravelが分かる人がいない。コンサルしてほしい」
そんな企業様のご依頼承っています。
お問い合わせはこちら
Laravel関連のご相談承ってます♪
「Webアプリを開発してほしい」
「社内にLaravelが分かる人がいない。コンサルしてほしい」
そんな企業様のご依頼承っています。
お問い合わせはこちら
Twitter始めました。
40代からプログラミング!

コメント

タイトルとURLをコピーしました