XAMPPで複数バージョンをひとつのPCで切り替えて使う方法【Windows】

Laravelバージョンアップ・ニュース

PCのなかに、すでに、PHP7のXAMPPが入っているという前提で、あたらしくPHP8のXAMPPを導入する手順を解説していきますね。

OSはWindowsを使って操作していきます。

なお操作実施前に、もしXamppを起動させていたら、止めておいてください。

次のように3か所ボタンをクリックします。

それでは、説明していきますね。

XAMPPで複数のPHPバージョンをひとつのPCで使う方法【Windows】

① 下記リンク先を開きます。

 

② ご希望のバージョンを選択してください。

本記事では、PHP8.0.15を新たに使うとします。8.0.15をクリックします。

 

③ 下記のようなページが出てきます。

portable, Zip形式のファイルをクリックし、ローカル環境にダウンロードします。

 

④ ローカル上でZipファイルを解凍します。分かりやすいようにxampp80という名前にします。

C:\ の中に【xampp_new】というフォルダを作り、解凍したファイルを、この中に入れます。

 

⑤ C:\xampp_new\xampp80の中のsetup_xampp.batファイルをダブルクリックして実行します。
このバッチファイルによって、「この場所にありますよ」と、XAMPPの中にあるphp.iniなどの設定を書き替えてくれます。
もしフォルダを移動したら、setup_xampp.bat を実行し直すようにしてください。

 

⑥ 次に、新しく入れたXamppを使うプロジェクトを移動させておきます。

わたしの場合は、C:\xampp_new\xampp80\htdocs\laravelの中にプロジェクトフォルダを設置します。

Junko
Junko

必須ではないものの、こうしておくと、プロジェクトの場所を指定するのに便利です。

 

⑦ これで完了です。

これから、切り替えの際には、停止したいXAMPPのコントロールパネルで、apacheとmySQLを停止した後、動かしたいXAMPPのコントロールパネルで、apacheとmySQLを起動するようにしてください。
同じポートを使うため、片方が動いていると、もう片方はエラーが発生して、開始できないからです。

新しくいれたXAMPPを起動するには、C:\xampp_new\xampp80の中のxampp-control.exeファイルをクリックします。

Junko
Junko

今後のためにショートカットを作っておいても良いですね。

なお旧版のXAMPPと新版のXAMPPのEXEファイルは、外見が同じなので、分かりにくいです。間違えないようにしてくださいね。

 

⑧データベースも、新たに作成してください。

 

⑨コマンドからデフォルト以外のPHPを使う場合には、XAMPPのフォルダを指定するようにしてください。

たとえば、【php artisan migrate】というコマンドを、新版XAMPPに入っているPHPで実行するときは、次のようにします。

Junko
Junko

毎回長々と入力するのはちょっと面倒かも。

お好みでパスを作り変えてしまったほうが良いかもしれません。

 

⑩ コマンドからデフォルト以外のcomposerを使う場合にも、XAMPPのフォルダを指定するようにしてください。

たとえば、Laravelプロジェクトを作成する場合は次のコマンドを実行します。

composer createprojectpreferdist laravel/laravel members

普通にコマンドを入れると、デフォルトの場所にあるXAMPPが使われてしまいます。

新しくいれたXAMPPを使いたい場合には、次のようにコマンドを入れてください。

/c/xampp_new/xampp80/php/php /c/ProgramData/ComposerSetup/bin/composer.phar create-project –prefer-dist laravel/laravel members

このコマンドの意味を解説します。

Junko
Junko

ちょっとややこしいので、興味がある方だけ、見てください。

最初の赤色部分は、phpファイルの場所です。

次の青色部分は、composerの場所です。”which composer” を実行すると、composerの場所が表示されます。

このcomposerファイルは実は人が見て分かるスクリプトになっています。

エディタで開くと、下図のように表示されます。

このcomposerファイルの一番下の行は、php “${dir}/composer.phar” “$@” と書いてあります。

このことから結局 composer は、php を使ってcomposer.pharを実行するという意味になります。

今回、パスの通っていない別のphp で実行したいので、composer を実行せず、composer.phar を直接呼び出すことにします。

つまり、指定したPHPでcomposer を実行するためには、赤色部分と青色部分を組み合わせて、Laravelプロジェクト作成コマンドを作ると、次のようになります。

余談:xamppの中の php フォルダだけを切り替える方式は断念しました。

異なるバージョンのXAMPPを併用するには、最低限の部分だけファイルを2つ準備して、他の部分は共有する、といった方法もあります。

この場合、シンボリックリンクを利用して切り替えを行います。

わたしは最初この方法を使っていました。ただ、どうもうまくいかず、phpMyAdminエラーが起こったりしまして。

別の記事で解説していますが、トラブルが増えました。

そこで、今回ご紹介したように、ファイル共有をしない方法を取ることにしました。

参考になるかもしれないので、お伝えしておきますね。

さいごに

わたしはLaravel9を使うためにPHP8以上が必要になり、今回の新版XAMPPを入れました。

ローカル環境でPHP8を使った場合には、本番環境でも、PHP8が必要となります。

エックスサーバーでPHP8を使う方法は、下記の記事で紹介しています。ご興味あれば、併せてお読みください。

ただ、エックスサーバーにLaravelプロジェクトを反映したい場合は、断片的に記事をご覧いただくだけでは、方法が良く分からないと思います。

そういった場合には、【Laravelはじめてのデプロイ講座】にて、エックスサーバーへデプロイするための全手順を詳しく解説しています。

「デプロイが初めてで、手順が良く分からない」

「SSHやSSLの設定など、デプロイに必要な設定をすべて教えてほしい」

と思ったら、下記ボタンをクリックして案内を見てみてくださいね。

Laravelデプロイ講座について見てみる

Junko
Junko

Laravel9にも対応した内容です。

最初の10章は無料でご覧いただけます♪

Laravelバージョンアップ・ニュース Laravel入門

【Laravelの教科書・無料プレゼント】

Junko
Laravelの使い方を覚えたい!と思ったら、ぜひ、役立ててほしいです。
ひつじプログラマ
会員制サイトをいちから作っていくよ。ボタンをクリックして詳細を見てね。
Laravelの教科書の詳細を見る

Laravel8版と、最新のLaravel9版、ふたつのテキストご用意してます♪

【無料プレゼント】

「LaravelでWebアプリをいちから作れるようになりたい!」

そんなLaravel初心者のあなたへ【Laravelの教科書】基礎編プレゼント中! 会員制フォーラムサイトを学習しながら作れます。

詳細はこちらをクリック

Laravel8版と、最新のLaravel9版、ふたつのテキストご用意してます♪

「Laravelで業務効率化用のWebアプリを開発してほしい」
「社内にLaravelが分かる人がいない。コンサルしてほしい」
そんな企業様のご依頼承っています。
お問い合わせはこちら
Laravelを使ったWebアプリ開発のご相談承り中
Zoomでのお打ち合わせも承っています♪
お問い合わせはこちら
Twitter始めました。
40代からプログラミング!

コメント

タイトルとURLをコピーしました