Laravelプロジェクト作成時エラー対策:Allowed memory size of 1610612736 bytes exhausted

Laravel・PHP豆知識・トラブル対策

Laravelのプロジェクトを作成しようとしたら、こんなエラーがでたときの対処法です。

PHP Fatal error: Allowed memory size of 1610612736 bytes exhausted (tried to allocate 4096 bytes)

これは、「1610612736バイトの許容メモリサイズを使い果たしました」という意味。

分かりやすくいうと「メモリが足りない!!何とかして」ということ^^

何とかする方法を、2ステップで解説しますね。

① php.iniファイルを開きます。

xamppを使っている場合は、xampp/php の中にphp.iniファイルがあります。

② メモリサイズを変更します。

428行目あたりの memory_limiの設定を 2000Mに変更します。

【変更前】

【変更後】

memory_limitを-1に変更する方法も見受けられますが、おすすめできません。

理由は、万が一プロジェクト作成プロセスに不具合があり、メモリを無制限に使い始めた場合、パソコンがおかしくなってしまう可能性があるためです。

なおLaravelのプロジェクトを作成方法は、こちらの記事で解説しています。併せて参考にしてくださいね。

Laravel・PHP豆知識・トラブル対策

【Laravelの教科書・無料プレゼント】

Junko
Laravelの使い方を覚えたい!と思ったら、ぜひ、役立ててほしいです。
ひつじプログラマ
会員制サイトをいちから作っていくよ。ボタンをクリックして詳細を見てね。
Laravelの教科書の詳細を見る

Laravel8版と、最新のLaravel9版、ふたつのテキストご用意してます♪

【無料プレゼント】

「LaravelでWebアプリをいちから作れるようになりたい!」

そんなLaravel初心者のあなたへ【Laravelの教科書】基礎編プレゼント中! 会員制フォーラムサイトを学習しながら作れます。

詳細はこちらをクリック

Laravel8版と、最新のLaravel9版、ふたつのテキストご用意してます♪

「Laravelで業務効率化用のWebアプリを開発してほしい」
「社内にLaravelが分かる人がいない。コンサルしてほしい」
そんな企業様のご依頼承っています。
お問い合わせはこちら
Laravelを使ったWebアプリ開発のご相談承り中
Zoomでのお打ち合わせも承っています♪
お問い合わせはこちら
Twitter始めました。
40代からプログラミング!

コメント

タイトルとURLをコピーしました