Stripeで作成したクーポンをLaravelに設定する手順を解説

Laravel上の決済機能
スポンサーリンク

LaravelとStripeを連携させてサブスクリプション申し込みフォームを作成する際、Stripeで作成したクーポンを設定できます。

具体的な手順を4ステップで解説していきます。

なおLaravelの公式マニュアルにも掲載されていますが、結構、ざっくりな説明です^^;

前後の処理も組み入れて、説明していきますね。

スポンサーリンク

LaravelとStripeの連携:手軽にクーポンを設定する方法

すでにLaravelとStripeの連携があるとして、次のステップでクーポンを設定していきます。

  1. Stripeで初回500円引きクーポン作成
  2. クーポンAPIをLaravelに設定
  3. フォームにクーポン入力欄を作成
  4. コントローラーにクーポンを設定

Stripeで初回500円引きクーポン作成

まずはStripeにログインし、左側のメニュー 商品/クーポンから、クーポンを作成しましょう。

【定額割引】で【\500】としておきます。

作成後、クーポン名をクリックすると、真ん中あたりに【プロモーションコード】が表示されます。

そのなかに【API ID】があります。

こちらをコピーしておいてください。

クーポンAPIをLaravelに設定

次に、Laravelのプロジェクトを開きます。

.envファイルにクーポンコードを貼り付けておきます。

さらに app/config/services に、.envファイルへのリンクを貼っておきます。

.envとconfigの設定については、こちらの記事で詳しく解説しているので、気になったら、併せて読んでみてくださいね。

フォームにクーポン入力欄を作成

次にフォームにクーポン入力欄を作成します。

既にあるフォームに、次のようにクーポン用のinputを追加してください。


コントローラーにクーポンを設定

次に、コントローラーにクーポンを設定します。

先ほどのフォームで name=”coupon”としたので、クーポン情報は $request->input('coupon') で取り出せます。

このクーポンコードが正しいかIF構文を使って照合し、合っていれば、クーポンコードを使って、新規サブスクリプションを作成していきます。

このステップは、次のようにコントローラーに記述できます。

これで、クーポンを使ってサブスクが可能になりました。

フォーム投稿後、Stripeにログインし、支払いをチェックしてみてください。

成功していれば、割引された金額が表示されています。

補足:必要な機能について

今回はざっくりと機能を紹介しました。

実際には、「クーポン番号が間違えた場合」「クーポンがない場合」の処理も必要になります。

IF構文で条件分岐させてください。

またクーポン入力後に割引後の金額を表示させたりしたほうが、分かりやすいかと思います。

今回は雑なフォームをお見せしましたが^^; お好みに合わせて変更してください。

 

じゅんこ
じゅんこ

他サイトのクーポン入力欄なども参考になります。

個人的には、Udemyという学習サイトのクーポン入力欄が好きです。

 

udemyのクーポンコード入力欄

おまけ:クーポンにでデメリットもあるかも

ちなみに「クーポンを入れると離脱率が上がる」という話もあります。

どうやらユーザーはクーポン入力欄を見ると、「どこかにクーポンが落ちているんじゃない!?」と思って、他のサイトを探しにいってしまうからだそう。

じゅんこ
じゅんこ

すごく、分かる気がする。

クーポンコードは販売促進機能がありそうですが、一筋縄ではいかないですよね。

このあたりも考えつつ、LaravelとStripeで素敵な決済機能を作っていきましょう♪

Laravel上の決済機能

【無料プレゼント】

「LaravelでWebアプリをいちから作れるようになりたい!」

そんなLaravel初心者のあなたへ【Laravelの教科書】基礎編プレゼント中!
会員制フォーラムサイトを学習しながら作れます。

詳細はこちらをクリック

【個別サポート実施中】

「本ブログに記載の方法を試してみたけれど、うまくいかない」「コードを見てほしい」という方のために、有償でメールサポートいたします。以下のボタンをクリックして相談フォームにアクセスして下さい。

詳しく見る

Twitter始めました。
スポンサーリンク
40代からプログラミング!

コメント

タイトルとURLをコピーしました