LaravelとStripeエラー対策:This customer has no attached payment source or default payment method

Laravel上の決済機能
スポンサーリンク

LaravelとStripeを連携させる際、下記のエラーが出たときの対策です。コードを2行追加するだけで解決できたりします。

【エラーメッセージ】

“This customer has no attached payment source or default payment method.”
“Could not determine which URL to request: Stripe\PaymentMethod instance has invalid ID”

ページ読み込み前に、javaScriptのコードが動作してpayment method作成しようとしている可能性があります。

結果として、payment methodがきちんと作られていない状態になっています。

javaScriptのコードに、次のような感じで、window.onloadを追加してみてください。

window.onloadによって、javaScript初期化処理をページ読み込み完了後に行うようにしました。

これでエラーが改善されたら嬉しいのですが、残念ながら「だめだった」という場合は、下記の対策も試してみてくださいね。

全体のコード例は、こちらの記事で紹介しています。

 

Laravel上の決済機能

【無料プレゼント】

「LaravelでWebアプリをいちから作れるようになりたい!」

そんなLaravel初心者のあなたへ【Laravelの教科書】基礎編プレゼント中!
会員制フォーラムサイトを学習しながら作れます。

詳細はこちらをクリック

【個別サポート実施中】

「本ブログに記載の方法を試してみたけれど、うまくいかない」「コードを見てほしい」という方のために、有償でメールサポートいたします。以下のボタンをクリックして相談フォームにアクセスして下さい。

詳しく見る

Twitter始めました。
スポンサーリンク
40代からプログラミング!

コメント

タイトルとURLをコピーしました