LaravelとStripe連携:決済エラーをハンドリングするコントローラーの書き方

Laravel上の決済機能
スポンサーリンク

LaravelとStripe連携で、カード情報の不備によるエラー、API関連のエラー、一般的なエラーなど、各種決済エラーをハンドリングする方法を解説します。

Stripeの公式マニュアルには、次の7種類のエラーをハンドリングする方法が掲載されています。

  1. カード情報不備などで支払いを拒否された
  2. APIへのリクエストが早く、多すぎる
  3. パラメータが無効
  4. STRIPE APIの認証に失敗(最近APIキーを変更した場合など)
  5. Stripeとのネットワークコミュニケーションに失敗
  6. 一般的なエラー
  7. Stripeと関係のないエラー

まさに、ありとあらゆるエラーを想定した感じですよね。

じゅんこ
じゅんこ

自分でこんなに色々なエラーを想定できません…

せっかくなので、このStripe公式マニュアルにある方法を参考にさせてもらいましょう♪

スポンサーリンク

LaravelとStripe連携:7種類の決済エラーをハンドリングできるコントローラーの書き方

支払い実行後のメソッドに、次のようにいれていきます。

【コントローラー支払い実行後のメソッド】

成功した時は $resultに1を代入します。

エラーの時は、$resultに2以降の番号を割り振っていきます。

ユーザーは決済処理後に’home’にリダイレクトします。

このとき、$resultが何番であるかによって、ユーザー側に表示するメッセージを変えています。

リダイレクト先のhome.blade.phpファイルに、コントローラーからのメッセージが表示されるよう、次のコードを加えて起きます。

【home.blade.php】

Stripeのエラーをハンドリングできるかテストしてみる

コードを記述したら、実際にエラーがちゃんとハンドリングされるか、テストしてみてくださいね。

Stripeでは、エラーがでるダミーカード番号も準備してくれています。

たとえば「4000 0000 0000 0069」は、有効期限が切れたカード番号。

シナリオの 「①カード情報不備などで支払いを拒否される」エラーに該当します。

決済処理後に、エラーに応じたメッセージが表示されるか、チェックしてみてください。

なお、Stripeのダミーカード番号は下記の記事にまとめています。

じゅんこ
じゅんこ

LaravelとStripe連携方法は色々と紹介しているので、参考にしてください。

 

Laravel上の決済機能

【無料プレゼント】

「LaravelでWebアプリをいちから作れるようになりたい!」

そんなLaravel初心者のあなたへ【Laravelの教科書】基礎編プレゼント中!
会員制フォーラムサイトを学習しながら作れます。

詳細はこちらをクリック

【個別サポート実施中】

「本ブログに記載の方法を試してみたけれど、うまくいかない」「コードを見てほしい」という方のために、有償でメールサポートいたします。以下のボタンをクリックして相談フォームにアクセスして下さい。

詳しく見る

Twitter始めました。
スポンサーリンク
40代からプログラミング!

コメント

タイトルとURLをコピーしました