Laravel Sailエラー:「Command ‘wsl’ not found」の対策

Laravel Sailで環境構築!

Laravel Sail用の環境を準備するときのエラー対策です。

もし下記に当てはまったら、参考にしてください。

条件が長いですが・・・

まずは当てはまるものがないかチェックしてくださいね。

 

Check①◆Docker is not runningとでるものの、Dockerはちゃんと起動している。

もしDockerを起動していない場合は、起動させてください。

Dockerを起動させた後にPowerShellを実行してみてください。

 

Check②◆プロジェクト作成コマンドを実行しても無反応

こちらの記事をチェックしてください。

 

Check③◆PowerShell上で以下のコマンドを実行しても「Command ‘wsl’ not found」といったエラーが発生する

 

Check④◆Ubuntu側でwslと入力すると、「’wsl’ not found」と表示される。

「それなら、sudo apt install wslを実行しよう」と思ってコマンドを実行すると、[

E: Unable to locate package wsl] エラーが発生する。

③と④に当てはまったら、この先へ進んでくださいね。

ただその前に、次の2点もチェックしてください。

WSLが無事インストールされているかチェック。もしインストールされていなければ、WSLをインストールしてください。確認方法は下記をご覧ください。

WSLのバージョンが古くないかチェック。古い場合は、バージョンを上げます。確認方法とバージョンの上げ方は、下記を参考にしてください。

エラーの原因

このエラーは、以下の理由で発生する可能性があります:

  1. WSLのインストールが不完全: WSLのインストールが正しく完了していない場合、このエラーが発生することがあります。
  2. パッケージリストが古い: Ubuntuのパッケージリストが更新されていないため、wslパッケージが見つからないことがあります。

対策とその理由

対策1: パッケージリストのアップデート

まず、パッケージリストを更新します。これにより、最新のパッケージ情報が取得され、wslパッケージが見つかるようになります。

 

対策2: WSLの再インストール

パッケージリストを更新した後、再度WSLをインストールします。これにより、wslコマンドが利用可能になります。

インストール後にwslコマンドが反応するようになるか確認してみましょう。

反応が返ってきたら、Laravelプロジェクトを作成します。

 

Laravel Sailに関する記事は、こちらもご覧ください。

Laravel Sailで環境構築!

【Laravelの教科書・プレゼント】

Junko
Laravelの使い方を覚えたい!と思ったら、ぜひ、役立ててほしいです。 基礎編は無料でプレゼント中です♪
ひつじプログラマ
会員制サイトをいちから作っていくよ。ボタンをクリックして詳細を見てね。
Laravelの教科書の詳細を見る

最新のLaravel11版テキストに加え、Laravel8版・Laravel9版・Laravel10版もご用意しています♪

【無料プレゼント】

「LaravelでWebアプリをいちから作れるようになりたい!」

そんなLaravel初心者のあなたへ【Laravelの教科書】基礎編プレゼント中! 会員制フォーラムサイトを学習しながら作れます。

詳細はこちらをクリック

最新のLaravel11版テキストに加え、Laravel8版・Laravel9版・Laravel10版もご用意しています♪

Laravelの本を書きました。


ひつじが目印♪
クリックするとamazonページへ。

Laravelの使い方を分かりやすく解説した書籍を出版しました。書店やAmazon等のオンラインショップにて販売中です。
Laravel10対応。Laravel11サポートガイドもご用意しています。詳しくは下記ボタンをクリック♪

書籍の詳細を見てみる

Laravelの本を書きました。


ひつじが目印♪
クリックするとamazonページへ。

最新版Laravel11用のサポートガイドご用意しています。

Laravelの使い方を分かりやすく解説した書籍を出版しました。書店やAmazon等のオンラインショップにて販売中です。

書籍の詳細を見てみる
Twitter始めました。
40代からプログラミング!
タイトルとURLをコピーしました