Laravelに必要なPHPバージョンをエックスサーバーで確認・更新する方法

Laravelデプロイ
スポンサーリンク

Laravel6ではPHP7.2以上、Laravel8ではPHP7.3.0以上が必要になります。

Xserverで現在のPHPを確認する方法は、次のとおり。

エックスサーバーのサーバーパネルにログイン。

PHPメニューの PHP Ver.切替を選択

下のほうにあるメニューです。

  バージョンを確認するドメインを選択し、選択するをクリック。

 

PHPのバージョンが表示されます。

変更が必要な場合は、プルダウンから選択し、変更ボタンを押しましょう。

補足:公式マニュアルでの記載

なお、Laravelの公式マニュアルには、次のように書かれています。

Laravel6に必要なPHPバージョンについて:

動作要件:PHP7.2

PHP7.1は2019年12月に積極的にメンテナンスされなくなっています。そのため、Laravel6.0はPHP7.2以上を動作要件とします。

https://readouble.com/laravel/6.x/ja/upgrade.html

Laravel8に必要なPHPバージョンについて:

動作条件:PHP7.3.0

新しく必要なPHPの最低バージョンが7.3.0になりました。

https://readouble.com/laravel/8.x/ja/upgrade.html

Laravelのバージョンアップの際には、PHPのバージョンも確認していく必要がありそうですね。

なお、XAMPPのPHPバージョンを上げる方法は、別の記事にて解説しています。

こちらは少し、コツが必要です。

 

Laravelデプロイ

【無料プレゼント】

「LaravelでWebアプリをいちから作れるようになりたい!」

そんなLaravel初心者のあなたへ【Laravelの教科書】基礎編プレゼント中!
会員制フォーラムサイトを学習しながら作れます。

詳細はこちらをクリック

【個別サポート実施中】

「本ブログに記載の方法を試してみたけれど、うまくいかない」「コードを見てほしい」という方のために、有償でメールサポートいたします。以下のボタンをクリックして相談フォームにアクセスして下さい。

詳しく見る

Twitter始めました。
スポンサーリンク
40代からプログラミング!

コメント

タイトルとURLをコピーしました