Laravelを初めてエックスサーバーにデプロイする人のためのシンボリックリンク作成方法

Laravelデプロイ

初心者向けに、Laravelプロジェクトをエックスサーバーにデプロイする方法を解説しています。

最終回の今回は、最後に行うべきシンボリックリンクについて。

シンボリックリンクとは、ショートカットのようなもの。

シンボリックとは何か、なぜ必要なのかも含めて、分かりやすく手順を解説していきますね。

これまでの流れは、こちらからご覧ください。

Laravelを初めてエックスサーバーにデプロイする人のためのシンボリックリンク作成方法

前回は、サブドメインを作成しました。

エックスサーバーでは、サブドメインと表示されるディレクトリの関係は、次のようになっています。

サブドメイン サブドメインの最初.ドメイン.com
表示されるディレクトリ /home/アカウント名/ドメイン/public_html/サブドメインの最初

たとえば test.addisteria.com というサブドメインの場合、表示されるディレクトリは次のとおり。

  • サブドメイン: test.addisteria.com
  • 表示されるディレクトリ:/home/アカウント名/addisteria/public_html/test

サブドメインを作成しただけでは、このディレクトリには、デフォルトで作成されるファイルしかありません。

サブドメインをブラウザのURL欄に入れると、こんな画面が表示されます。

これを修正するには、まずデフォルトであるフォルダを削除しましょう。

次に、シンボリックリンクを使ってLaravelのプロジェクトが表示されるようにします。

手順を解説していきますね。

デフォルトで表示されるディレクトリの処理

まずはGit Bashでエックスサーバーにログインします。

SouceTreeのターミナルを利用してもOKです。

ログインがわからなくなったら、こちらの記事を参考にしてください。

 

サブドメインによって表示される下記ディレクトリに移動します。

/home/アカウント名/ドメイン名/public_html/サブドメインの最初

ログイン直後は、【/home/アカウント名】にいます。

そこから、まず、ドメインディレクトリに移動します。

ドメインが addisteria.comである場合には、次のようにコマンドを入力します。

次に、public_htmlに移動します。

 

現在、このフォルダの中にはサブドメイン名のデフォルトフォルダがあるはずです。

このフォルダを削除してしまってもよいのですが、念の為、名前を変えて残しておきます。

今回は、testをtest.org としておきましょう。

次のコマンドを入力します。

これで、サブドメインのURLを表示しても、test.org の内容は反映されなくなりました。

シンボリックリンクの作成

それでは次に、シンボリックリンクを作成します。

シンボリックリンクとは、ショートカットのようなもの。

なぜシンボリックリンクが必要か、少し説明しますね。

まず、下の図をご覧ください。

現在は、サブドメインのURLによって、①の関係のないディレクトリが表示されています。

ですが表示したいのは、②の内容です。

そこで、①と②をつなぐシンボリックリンクを作成します。

これによって、①がブラウザに表示されるときには、自動的に②の内容が反映されるようにします。

なお、Laravelでは、プロジェクト内のpublic/index.phpが最初に表示されることになっています。

そのため、laravel/test/publicにリンクを張ります。

シンボリックリンクを作成するには、今いる場所(cd/ドメイン名/public_html)で、次のルールでコマンドを実行してください。

ln -s サーバーがアクセスするディレクトリ 実際に表示されるディレクトリ

今回は、下記のようにコマンドを入力します。

これで設定完了です。

その場で ディレクトリの中身を表示するlsコマンドを入力して、testディレクトリが出来ていることを確認してください。

その後、サブドメインURLをブラウザに入力し、Laravelのプロジェクトがきちんと表示されるかチェックしてみてくださいね。

さて、全8回にわたってお届けしてきた Laravelプロジェクトをエックスサーバーにデプロイする方法、ようやく終了しました。

じゅんこ
じゅんこ

なかなか、長い道のりでしたよね。

おつかれさまの乾杯♪

ただ、もしかしたら、記事のとおり進まなかったり、エラーが起こってしまったり、といったこともあるかもしれません。

そんな場合には、すべてのステップを動画でご覧いただけるデプロイ動画講座もあるので、見てみてくださいね。

【デプロイ講座内】

なおデプロイ講座は記事とは違うデプロイ方法をご紹介しています。

またLaravel9ではphp8以上が必要となりますが、その部分に対応した内容も入れています。

デプロイ講座の詳細を読んでみる

Junko
Junko

最初の10章は無料でご覧いただけます。

良かったら試してみてくださいね。

記事をおさらいしたい場合は、こちらの目次を参照してください。

【Laravelをエックスサーバーで公開する方法 目次】

  1. Gitについて
  2. SourceTreeをインストール・最初のコミット
  3. XserverでSSH通信と鍵を設定し、SourceTreeにも反映
  4. Xserver上にリモートレポジトリ作成・最初のプッシュ
  5. Xserver上のリモートレポジトリをクローン・プルの準備
  6. データベースの作成
  7. SSH設定とサブドメイン作成
  8. シンボリックリンクの作成(←今ここ!!)
Laravelデプロイ Laravel入門講座

【無料プレゼント】

「LaravelでWebアプリをいちから作れるようになりたい!」

そんなLaravel初心者のあなたへ【Laravelの教科書】基礎編プレゼント中! 会員制フォーラムサイトを学習しながら作れます。

詳細はこちらをクリック

Laravel8版と、最新のLaravel9版、ふたつのテキストご用意してます♪

社内にWebアプリ開発経験がなくて、困ってませんか?

「自社でWebアプリ開発を始めていきたい」
という企業様のために、Laravelセミナー・プログラミング教育を実施しています。

【セミナー使用スライド】

詳細はこちらご覧ください

【Laravelデプロイおすすめサーバー】

わたしはエックスサーバーをメインに使ってます。
使いやすくて、早い!



Twitter始めました。
40代からプログラミング!

コメント

タイトルとURLをコピーしました