Git初心者のためのSSH解説:エックスサーバーとSourceTreeにSSHを設定しよう

Laravel 入門講座
スポンサーリンク

初心者向けにLaravelプロジェクトをエックスサーバーにデプロイする方法を解説中です。

今回はSSHの設定方法について。

エックスサーバーとSourceTreeにSSH通信のための設定をしていきます。

Gitを初めて使う方、Laravelでプロジェクトをデプロイしたことがない方のために、分かりやすく説明していきますね。

これまでの説明はこちらからご覧ください。

スポンサーリンク

SSH設定と鍵の設定が必要な理由

そもそも、なぜ今回の設定が必要なのかからお伝えします。

プロジェクトをデプロイするには、初回でお伝えしたとおり、コミット・プッシュ・プルの3ステップが必要になります。

今回の設定は、プッシュ以降で必要になります。

外部での通信の際、安全性を保つため、SSHによって暗号化して通信を行います。

SSHの正式名称は、Secure Shell、セキュアシェル。

Shellは貝や殻といった意味があります。

安全にガードされている、といった感じがしますね。

SSH暗号通信では、パスワードと公開鍵認証方式のどちらかで認証を行います。

公開鍵認証方式のほうがセキュリティレベルは高く、エックスサーバーでは現在、公開鍵認証方式のみ対応しています。

エックスサーバーにSSH通信でデータを送る際、秘密鍵を使ってデータを暗号化します。

エックスサーバー側では、公開鍵を使ってデータを元に戻します(復号)

図にすると、次のとおりです。

【エックスサーバーにSSH通信でデータを送信する仕組み】

エックスサーバー上でSSHと鍵の設定

それでは、エックスサーバー上での鍵の設定方法を解説します。

サーバーパネルにログイン後、SSH設定をクリック。

左側に表示されるアカウントから、SSH設定をクリック。

 

SSH設定画面で【ONにする】を選択して【設定する】をクリック。

さらに右側の【公開鍵認証用鍵ペアの生成】タブを選択。

パスフレーズを入力し、【確認画面へ進む】をクリック。

パスフレーズとは、パスワードの一種で、通常のパスワードよりもセキュリティが高いものです。

文字数を多く設定でき、さらにスペースも入れられます。

パスフレーズは、非常に重要な情報なので、外部には見られないように管理しておきましょう。

後ほど【鍵】を利用するときに利用します。

最後に確認画面が表示されるので、【生成する】をクリック。

「公開鍵認証用の鍵ペア生成処理を実行しました」と画面に表示されたら、秘密鍵のダウンロードが始まります。

ダウンロードした鍵ファイルは、「サーバーID.key」という名前になっています。

最後の「.key」は削除しておきます。

Cドライブの中の /Users/ユーザー名 の中に、「.ssh」フォルダを作成してください。

この .ssh フォルダの中に ⑥の鍵ファイルを保存します。

最後に、この鍵情報をSourceTreeに登録します。

SourceTreeを起動し、ツール/オプションをクリック。

全般設定のなかの【SSHクライアントの設定】の【SSHキー】右側のボタンをクリックし、⑦で保存した鍵ファイルを選択します。

【SSHクライアント】は【OpenSSH】を選択して、OKボタンをクリック。

すぐに、パスフレーズを入力するための画面が表示されます。

エックスサーバーに登録したパスフレーズを入力して、Enterキーを押してください。

なお、パスフレーズを入力しても、まったくなんの反応がありません!

「ちゃんと打てていないのでは?」と不安になるかもしれませんが、大丈夫です。

パスフレーズは秘匿性の高い情報なので、あえて、このような仕様になっているのです。

さて、これでSSH通信のための設定は完了です。

次回は実際にSSH通信でエックスサーバーにログインし、サーバー内にプッシュ用のリモートレポジトリを作っていきます。

じゅんこ
じゅんこ

引き続き、がんばっていきましょう♪

【Laravelをエックスサーバーで公開する方法 目次】

  1. Gitについて
  2. SourceTreeをインストール・最初のコミット
  3. XserverでSSH通信と鍵を設定し、SourceTreeにも反映(←今ここ)
  4. Xserver上にリモートレポジトリ作成・最初のプッシュ
  5. Xserver上のリモートレポジトリをクローン・プルの準備
  6. データベースの作成
  7. SSH設定とサブドメイン作成
  8. シンボリックリンクの作成
Laravel 入門講座 Laravelデプロイ

【無料プレゼント】

「LaravelでWebアプリをいちから作れるようになりたい!」

そんなLaravel初心者のあなたへ【Laravelの教科書】基礎編プレゼント中!
会員制フォーラムサイトを学習しながら作れます。

詳細はこちらをクリック

【個別サポート実施中】

「本ブログに記載の方法を試してみたけれど、うまくいかない」「コードを見てほしい」という方のために、有償でメールサポートいたします。以下のボタンをクリックして相談フォームにアクセスして下さい。

詳しく見る

Twitter始めました。
スポンサーリンク
40代からプログラミング!

コメント

タイトルとURLをコピーしました