1364 Field doesn’t have a default value デフォルトバリューがないエラー対策

Laravel・PHP豆知識・トラブル対策
スポンサーリンク

フォームを送信しようとすると、次のようなエラーが出るとき。

SQLSTATE[HY000]: General error: 1364 Field ‘×××’ doesn’t have a default value

値が編集可能な設定になっていない可能性があります。

該当しそうであれば、下記をお読みください。

スポンサーリンク

1364 Field doesn’t have a default value Laravelエラー対策

このようなフォームに値を入力したいとします。

フォームに入力したデータが保存されるデータベースpostsは、次のようなテーブルです。

Postモデルファイルを開いてください。

protected $fillable の中にフォームを通じてデータベースに登録するカラム名を入れてあげます。

Postモデルファイルを保存した後、再度、フォームを試してみてください。

protected $filable でカラムのホワイトリストが作成できる

protected $fillable とは、Laravelが編集しても良いカラムを指定してあげるためのコードです。

いわばカラムの【ホワイトリスト】を作成するためのもの。

書き方例は次の通り。

protected $fillable = [‘カラム名A’, ‘カラム名B’, ‘カラム名C’];
【意味】カラムA、カラムB、カラムCは編集可能なカラムを指定できる。

protected $guarded でカラムのブラックリストが作成できる

ただカラムを忘れずに登録しておくのは面倒ですよね。

こういった場合には、protected $guarded が使えます。

いわばカラムの【ブラックリスト】作成するためのものです。

書き方例は次のとおり。

protected $guarded =[‘カラム名A’];
【意味】カラムA以外はすべて編集してOK。

例)

お好きなほうを使ってくださいね。

Laravel・PHP豆知識・トラブル対策

【無料プレゼント】

「LaravelでWebアプリをいちから作れるようになりたい!」

そんなLaravel初心者のあなたへ【Laravelの教科書】基礎編プレゼント中!
会員制フォーラムサイトを学習しながら作れます。

詳細はこちらをクリック

【個別サポート実施中】

「本ブログに記載の方法を試してみたけれど、うまくいかない」「コードを見てほしい」という方のために、有償でメールサポートいたします。以下のボタンをクリックして相談フォームにアクセスして下さい。

詳しく見る

Twitter始めました。
スポンサーリンク
40代からプログラミング!

コメント

タイトルとURLをコピーしました