Laravel上の決済機能

Laravel上の決済機能

LaravelとStripe連携:決済エラーをハンドリングするコントローラーの書き方

LaravelとStripe連携で、カード情報の不備によるエラー、API関連のエラー、一般的なエラーなど、各種決済エラーをハンドリングする方法を解説します。 Stripeの公式マニュアルには、次の7種類のエラーをハンドリングする方法が...
Laravel上の決済機能

LaravelとStripeエラー対策:This customer has no attached payment source or default payment method

LaravelとStripeを連携させる際、下記のエラーが出たときの対策です。コードを2行追加するだけで解決できたりします。 【エラーメッセージ】 "This customer has no attached payment sou...
Laravel上の決済機能

LaravelでStripeのサブスクキャンセル処理をする3つの方法【Laravel上、Stripe上、Webhook利用】

Laravel上でStripeのサブスクプランのキャンセル方法を紹介します。 次の3つに分けて解説していきますね。 Laravel上にキャンセルボタンを作る Stripeのカスタマーポータル上でキャンセルできるようにす...
2021.02.06
Laravel・PHP豆知識・トラブル対策

Unrecognized request URL (GET: /v1/customers/):phpMyAdminで値をNULLに戻す方法

手動で変更すべきではない箇所を変えて、Nullに戻せなくなった場合の対策を紹介します。 Cashierインストール後、【stripe_id】カラムなどを手動で変更すると、下記のようなエラーが出ます。 Unrecognized...
2021.05.07
Laravel上の決済機能

SCAや3Dセキュアとは?LaravelへSTRIPE導入時に知っておきたい金融知識

SCAとは、Strong Customer Authentication のことで、強力な顧客認証と翻訳できます。 PSD2というEU圏でのオンライン決済認証を厳格化する法令の中で、義務付けられたもの。 3Dセキュアとは、SCA...
Laravel・PHP豆知識・トラブル対策

Could not determine which URL to request : Stripe PaymentMethod instanceエラー対策

LaravelにStripeを連携でこのエラーがでたら、最初にこれだけ行ってみてください。 app.blade.phpファイル内の app.js ファイルへのリンクを上部に移動させる。 これでエラーが修正できます。 Cou...
2021.05.09
Laravel上の決済機能

LaravelとSTRIPE決済の連携手順を16個の記事で詳しく解説

LaravelのプロジェクトをStripeと連携させると、最新のオンライン決済機能を利用できます。 「Laravelにサブスクリプション申込機能をつけたい」 「キャンセルや払い戻しなどが手軽にできる決済機能を使いたい」 「サブスク申込...
2021.05.09
Laravel上の決済機能

Stripeサブスクリプション契約時のおすすめWebhook Endpoints 5点

StripeのWebhookには、100個以上のEndpoint(エンドポイント)があります。 この中からお好きなポイントを選び、管理者へのメール通知などのイベントを設定できます。 たくさんあるのは便利ですが、 「...
Laravel上の決済機能

LaravelとStripeカスタマーポータルを連携させる方法

Stripeにはユーザーが自分で支払い履歴を確認できるポータルサイトがあります。 ポータルサイトから、ユーザー自身が支払い方法を変更したり、キャンセルも可能。 サブスクリプションサービス実施時など、非常に便利です。 Lar...
2021.02.02
Laravel上の決済機能

Stripe決済テストに役立つダミーカード番号、ステータスコードまとめ

Stripeのテストをする際に役立つダミーカード情報と、HTTPステータスコードをまとめました。 問題があるカード番号が入った場合、確実に課金されないようになっているかのテストに使えます。 本番環境に移行する前にのチェックにお役...
2020.11.17
タイトルとURLをコピーしました