Laravelデバック対策

Laravelデバック対策

Error: MySQL shutdown unexpectedly:XAMPPのSTARTボタンを押してもMYSQLが起動しないときの対策

XAMPPでMYSQLを起動しようとして「START」ボタンを押しても、MYSQLが起動せず、下記のようなエラーが出るときの対策を解説します。 Error: MySQL shutdown unexpectedly. This may ...
2024.05.21
Laravelデバック対策

git was not found in your PATHエラー対策:XAMPPでLaravelのプロジェクト作成時エラー

Laravelのプロジェクト作成時に、下記エラーが出た場合の対策を解説します。In GitDownloader.php line 82: git was not found in your PATH, skipping source d...
Laravelデバック対策

your PHP version (○○) does not satisfy that requirement と出たときのエックスサーバーでの対処

エックスサーバーにSSHでアクセスして composer installを実行した時、次のようなエラーになることがあります。 Your requirements could not be resolved to an installabl...
LaravelとSNS API連携

Laravel・Twitter連携時にMissing temporary oauth credentialsが出たときの対策

Twitterでのログイン機能を搭載するときにこのエラーが出たら、テスト環境の場合、Callback URLを見直してみてください。 Twitterでは、現在、ローカルホストはCallback URL として使えません。 ...
Laravelデバック対策

LaravelプロジェクトをFTPで短時間でダウンロードするコツ

Laravelのプロジェクトはファイル数が多いので、FTPでダウンロードするときは何時間もかかることがあります。 こういった場合、サーバーにSSH接続できる場合には、あらかじめプロジェクトを圧縮することで、時間を短縮できます。 ...
Laravelデバック対策

Laravelデバック方法:AjaxやWebhookからのアクセスはfile_put_contentsで見える化できる

LaravelでAjaxやWebhookを使う場合は、file_put_contents()を使うと、コントローラで受け取った値を見える化できます。 通常はddを使えば良いのですが、AjaxやWebhookからのアクセスはブラウザに表...
Laravelデバック対策

Laravelでddを使ってコントローラーに値が受け渡せたか確認する方法

Laravelでコントローラの処理を可視化するには、ddというヘルパ関数が使えます。 は、Laravelのデバック作業で必須といえる便利な関数なので、ぜひ、ガンガン使っていきましょう^^ 実際にどのようにddを使うか、フォームか...
2022.06.30
Laravelデバック対策

LaravelデバックツールTelescopeをインストールしてエラーの原因を効率よく見つけましょう

LaravelにはTelescope(テレスコープ)というデバック用ツールがあります。 アプリ内のすべてのリクエスト、メール、Gate処理などを視覚化でき、エラーの原因を見つけやすくなる便利なツールです。 「デバックツールは開発...
2021.07.08
タイトルとURLをコピーしました