初めてのGit管理:エックスサーバーにリモートリポジトリを作成してみよう

Laravelデプロイ

Laravelプロジェクトをエックスサーバーにデプロイする方法を初心者向けに解説しています。

今回はリモートリポジトリを作成した後、SourceTreeを使ってgit push(ギット プッシュ)を行い、ローカルのプロジェクトをリモートリポジトリに作成します。

これまでの流れは、こちらをご覧ください。

なお、わたしのOSはWindowsで、Laravel8を使用しています。

初めてのGit管理:エックスサーバーにリモートリポジトリを作成してみよう

今回は、まずはエックスサーバー上にリモートリポジトリを作成し、そのあとプッシュを実行します。

リモートリポジトリとは、サーバー上のプロジェクトの置き場所です。

リモートリポジトリの作成

SourceTreeを立ち上げます。

ターミナルをクリックします。

 

エックスサーバーにログインするために、下記のコマンドを入力します。

ssh アカウント名@ホスト名.xserver.jp -p 10022

秘密鍵の場所を変えたり、名前を id_rsa以外に設定してある場合には、上記コマンドに -i オプションを追記する必要があります。

たとえば、C:\Users\ユーザー名\.sshの中に sampleという名前で秘密鍵を保存した場合には、下記のように指定します。

ssh アカウント名@ホスト名.xserver.jp -p 10022 -i ~/.ssh/sample

アカウント名は、エックスサーバーのサーバーパネルにログインした後、左側に表示されます。

ホスト名は、エックスサーバーのサーバーパネルにログインした後、【サーバー情報】をクリック。

2行目のホスト名を確認してください。

なお最後の  -p 10022 は、ポート番号となります。

 

Enter passphrase for key ’秘密鍵ファイル’ と表示されます。

エックスサーバーに登録してあるパスフレーズを入力してください。

パスフレーズの作成手順は、前回のSSH設定を解説した記事で解説しています。

じゅんこ
じゅんこ

ちなみにパスフレーズは入力中、ツールはノーリアクションです。

気にせず打ち込んでくださいね。

 

無事ログインができたら、mkdir git コマンドを入力します。

「git と言う名前のディレクトリを新規作成してね」という意味です。

 

作成後、cd git コマンドを入力します。

「(今作成した)gitディレクトリに移動してね」という意味です。

 

gitディレクトリの中に、リモートリポジトリを作成します。

git init –bare test.git コマンドを入力します。

「testという名前の空っぽなリポジトリを作成してね」という意味になります。

 

Initialized empty Git repository in と応対が返ってきます。

in 以下のhomeで始まる部分は後でSourceTreeに登録します。

後で確認できるよう、ターミナルはこのままにし、SourceTreeに戻りましょう。

これでリポジトリ作成手順は終了です。

プッシュの実行

それでは次に、プッシュの手順を解説します。

SourceTreeの リポジトリメニューから、リポジトリ設定を選択します。

 

追加 ボタンをクリックします。

 

URL/パス に、先ほど作成したリモートリポジトリを、下記のルールで登録します。

ssh://アカウント名@ホスト名:10022/リポジトリのパス

アカウント名@ホスト名は、先ほど、「リモートリポジトリの作成」の②で入力したものと同じです。

リポジトリのパス は、先ほど作成した homeで始まるパスです。

パスを登録後、デフォルトモードにチェックを入れ、OKボタンを押します。

オプション画面が閉じますので、再度、OKボタンを押します。

 

プッシュメニューをクリックします。

 

master にチェックを入れ、プッシュをクリックします。

プッシュがスタートします。

もしエラーになる場合は、③のURL/パス が間違っている可能性が大。

確認してみてください。

じゅんこ
じゅんこ

わたしは、ここで不要なスペースが入っていて、エラーになりました。

不要なスペースなど入っていないか、チェックしてくださいね。

以上で最初のプッシュが完了です。

次回は、プルに進んでいきましょう。

じゅんこ
じゅんこ

ようやく半分ぐらい進んだ感じでしょうか。

次回は、本番環境に反映させていきますよ♪

【Laravelをエックスサーバーで公開する方法 目次】

  1. Gitについて
  2. SourceTreeをインストール・最初のコミット
  3. XserverでSSH通信と鍵を設定し、SourceTreeにも反映
  4. Xserver上にリモートレポジトリ作成・最初のプッシュ(←今ここ)
  5. Xserver上のリモートレポジトリをクローン・プルの準備
  6. データベースの作成
  7. SSH設定とサブドメイン作成
  8. シンボリックリンクの作成
Laravelデプロイ Laravel入門講座

【無料プレゼント】

「LaravelでWebアプリをいちから作れるようになりたい!」

そんなLaravel初心者のあなたへ【Laravelの教科書】基礎編プレゼント中! 会員制フォーラムサイトを学習しながら作れます。

詳細はこちらをクリック

Laravel8版と、最新のLaravel9版、ふたつのテキストご用意してます♪

社内にWebアプリ開発経験がなくて、困ってませんか?

「自社でWebアプリ開発を始めていきたい」
という企業様のために、Laravelセミナー・プログラミング教育を実施しています。

【セミナー使用スライド】

詳細はこちらご覧ください

【Laravelデプロイおすすめサーバー】

わたしはエックスサーバーをメインに使ってます。
使いやすくて、早い!



Twitter始めました。
40代からプログラミング!

コメント

  1. アルカポネ より:

    いつも貴重な情報を発信していただきありがとうございます。

    記載されている手順で進めている中で想定外のメッセージが返ってきたためご質問いたします。
    解決策などアドバイスいただければ幸いに存じます。

    ②のとこで、Xserverにログインするためターミナルから下記のコマンドを打ちました。
    ssh アカウント名@ホスト名.xserver.jp -p 10022 ※私の環境に合わせて変更しています。

    すると、下記のメッセージが返ってきて認証が成功しません。
    Permission denied (publickey,gssapi-keyex,gssapi-with-mic).

    なお、XserverでSSH通信と鍵を設定し、SourceTreeにも反映 は実施済みです。

    私の環境は下記になります。他にも環境情報など必要でしたらご連絡ください。
     OS:Windows10
     サーバー:Xserver
     SourceTree:SourceTree 3.4.9 [23 May 2022]

    お手数をおかけしますがご教示のほど何卒よろしくお願いいたします。

    • Junko Junko より:

      こちら、秘密鍵の名前が、デフォルトとは異なるのではないかと推測されます。
      この場合の対策を記事に追記しました。
      「秘密鍵の場所や名前を id_rsa以外に設定してある場合には」の場所、ご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました