Laravelをエックスサーバーに初めてデプロイする時はgit cloneでプロジェクトをコピーしよう

Laravel 入門講座

初心者向けに、Laravelのプロジェクトをエックスサーバーにデプロイする方法を解説しています。

今回は、git cloneを行って、プロジェクトをエックスサーバー上にコピーしていきましょう。

一度git cloneを行えば、その後は、git pull(ギット プル)コマンドを使って、開発環境で行った変更を簡単にサーバー上に反映できるようになります。

じゅんこ
じゅんこ

あと一息ではありますが、ここから、また面倒な設定が盛沢山。

できるだけ全てのステップを分かりやすく紹介していきますね。

 

これまでのフローはこちらをご覧ください。

なお、わたしの環境はWindowsで、Laravel8を使っています。

Laravelをエックスサーバーに初めてデプロイする時はgit cloneでプロジェクトをコピーしよう

まずは前回リモートリポジトリにプッシュしたプロジェクトを、プルするための場所を作りましょう。

次に、ここに必要なライブラリをインストールしていきます。

エックスサーバー上にLaravelプロジェクトをプルする場所を作成

SourceTreeを起動し、ターミナルをクリック

 

前回と同様の方法で下記を入力し、エックスサーバーにログインします。

ssh アカウント名@ホスト名.xserver.jp -p 10022

アカウント名は、エックスサーバーのサーバーパネルにログインした後、左側に表示されます。

ホスト名は、エックスサーバーのサーバーパネルにログイン後、【サーバー情報】をクリック。

2行目を確認してください。

最後の  -p 10022 は、ポート番号となります。

コマンド入力後、最初にエックスサーバーで設定したパスフレーズを入力します。

 

mkdir laravel とコマンドを入力します。

「Laravelという名前のディレクトリを作ってね」という意味になります。

 

cd laravel とコマンドを入力します。

「(今作成した)laravelディレクトリの中に移動してね」という意味になります。

 

git clone /home/アカウント名/リモートリポジトリのパス を入力します。

これは、「リモートリポジトリtestの内容を、ここにコピーしてね」という意味。

このブログ記事に沿ってリモートリポジトリを作成されているなら、次のようにコマンドを入力します。

git clone /home/アカウント名/git/test.git

アカウント名は、エックスサーバーのアカウント名です。

無事にコマンドが通ると、Cloning into ‘test’ … done と表示されます。

Laravelプロジェクトのライブラリをインストール

これで、laravelディレクトリの中に、testがコピーされたはずです。

ですがこれだけでは、Laravelに必要なものが入っていないために動作しません。

プロジェクトに必要なライブラリを入れていきましょう。

 

最初に、念の為、エックスサーバーにて、PHPのバージョンもチェックしておいてください。

プロジェクトのLaravelに必要なPHPが入っていなければ、バージョンを変更しておきましょう。

方法は別記事にて、詳しく解説しています。

 

cd test とコマンドを入力して、今作成した testディレクトリの中に移動しましょう。

 

  composer install を実行します。

Laravelプロジェクト内の composer.lock をもとに、今回のプロジェクトに必要なライブラリをインストールしてくれます。

 

無事に終了すると、 Package manifest generated successfully と表示されます。

これで、プルができる環境がエックスサーバー上に整いました。

プルを行うときには、このLaravelをインストールしたディレクトリで git pullを実行するだけです。

ただ、今はプッシュした内容をコピーしたばかりなので、新たにプルできるものはありません。

今後、プロジェクトに変更を加えたらコミット→プッシュ→プルを行っていきましょう。

次回は本番環境用のデータベースの作成方法を説明します。

じゅんこ
じゅんこ

峠は超えた感じです!

でもまだ大事なポイントが残っています。

じっくり説明していきますね♪

【Laravelをエックスサーバーで公開する方法 目次】

  1. Gitについて
  2. SourceTreeをインストール・最初のコミット
  3. XserverでSSH通信と鍵を設定し、SourceTreeにも反映
  4. Xserver上にリモートレポジトリ作成・最初のプッシュ
  5. Xserver上のリモートレポジトリをクローン・プルの準備(←今ここ)
  6. データベースの作成
  7. SSH設定とサブドメイン作成
  8. シンボリックリンクの作成

コメント

タイトルとURLをコピーしました