LaravelのMVCモデルをマンガで解説【Laravel入門講座番外編】

Laravel 入門講座

PHPのフレームワーク、Laravel(ララベル)を学び始めると、最初に「MVCモデル」という言葉がでてきます。

「もっと分かりやすく説明してほしい!」

「説明を読んでみても、MVCモデルがなんだかサッパリ分からない」

40代でPHPを学び始めた私は、こんなふうにストレスを感じていました。

同じように思う人のために、漫画で分かりやすく解説してみました。

LaravelのMVCモデルをマンガで解説

では早速、はじめていきます。

シチュエーションは、Laravelで作られた会員サイトにログインしようとするとき。

サーバーサイドでは何が起こっているのかをお見せしますね。

登場人物は、次の5名。

【登場人物紹介】

◆ユーザー。よくお気に入りの会員サイトにログインしている。
◆ルーター。ユーザーがWebサイトにアクセスしたときに処理を振り分ける。
◆コントローラー。ルーティングから処理を依頼される。
◆モデル。データベースにアクセスできる。
◆ビュー。Webページを表示させる。

【漫画で分かるMVCモデル】

もう少し真面目な感じでMVCを解説します

ということで、ざっくりですが、上記のようなことがサーバー側で起こっています。

もう少し真面目に解説すると、こんな図になります。

  1. ルーティングで処理を振り分ける
  2. コントローラがページごとに処理を行う
  3. 処理によってはモデルとやりとりして、データベースから情報を取ってくる
  4. 準備した内容をビューで表示させる
  5. ユーザーの画面に反映される

laravel mvcモデルの説明

上記の漫画と図の説明は、全員登場するときの形した時の形です。

全員登場しないでページを表示させることもあります。

たとえば、コントローラーなしで 【ルーティング→ビュー】となったり。

これはユーザーがWebページにアクセスしたときに、ルーティングがビューに直接「このページだしてね」と依頼する場合に起こります。

「あのページ、表示してね」
「は~い」

また、データベースを使わないでページを表示することもあります。

この場合は、モデルは出番がなくなりますね。

LaravelのMVCモデルがスッキリ分かって頂けたら嬉しいです

というわけで、今回、LaravelのMVCモデルを、次の5個の役割を説明しながら紹介しました。

  • ルーティング
  • コントローラー
  • モデル
  • ビュー

MVCモデルについて、スッキリ分かりましたか?

もし「分かりにくい」と感じたり、ご感想あれば、コメントなどください。

追加の説明など、いれてみますね。

ではまた次回から、具体的にプログラミングをどう組むか解説していきますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました