リレーションとは?【初心者のためのLaravel超入門講座6】

スポンサーリンク

Laravel超入門講座6回目の今回から、リレーションに入っていきます。

リレーションはデータベースと連携させるツールを作るうえで、とにかく大事な部分。

Laravelのモデルを使えば、テーブル間に様々な関係性を構築できます。

リレーションがスッキリ分かるように、今回も解説をすすめていきます。

今回はまず、リレーションとはなにか? そして一番シンプルなhasOneメソッドについてです。

なお「モデルやマイグレーションってなに?」という場合は、まずは前回までの講座をチェックしてくださいね。

スポンサーリンク

リレーションとは

リレーションとは、データベース上のテーブルを関連づけるもの。

たとえば、ユーザー情報をいれたテーブルと、投稿情報を入れたふたつのテーブルがあるとします。

ユーザーテーブルの【ユーザーID】と、投稿テーブルの【作成者ID】がイコールの関係になっています。

このようなテーブル間の関係性をリレーションといいます。

Laravelでは、モデルのなかに各テーブル間のリレーションを設定することができます。

リレーションを設定しておくと、次のような利点があります。

  • リレーションがあるテーブルのデータをひっぱってこれる
  • テーブル情報に変更があれば、自動的に、このテーブルとリレーションがある他のテーブルにも情報が反映される

英語の豆知識

英語でいうとrelation(リレーション)は「関係」。ちょっとフォーマルに使います。

日常会話で使うときはrelationship(リレーションシップ)と言うほうが多いです。

Laravel 入門講座 Laravelデータベース

【無料プレゼント】

「LaravelでWebアプリをいちから作れるようになりたい!」

そんなLaravel初心者のあなたへ【Laravelの教科書】基礎編プレゼント中!
会員制フォーラムサイトを学習しながら作れます。

詳細はこちらをクリック

【個別サポート実施中】

「本ブログに記載の方法を試してみたけれど、うまくいかない」「コードを見てほしい」という方のために、有償でメールサポートいたします。以下のボタンをクリックして相談フォームにアクセスして下さい。

詳しく見る

Twitter始めました。
スポンサーリンク
40代からプログラミング!

コメント

タイトルとURLをコピーしました