Database QueryException Column already exists:マイグレーションエラー

Laravel・PHP豆知識・トラブル対策
スポンサーリンク

Rollbackをしてもマイグレーションエラーが繰り返されて、こんなメッセージが出てくるとき。

Illuminate/Database/QueryException
SQLSTATE[42S21]: Column already exists:

追加したりリネームしたカラムが原因かもしれません。(←私がそうでした!)

マイグレーションファイルに削除のときのコードを書き忘れた、あるいは書き間違えている可能性があります。

思い当たる場合には、マイグレーションファイルで下記の2点をチェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク

カラムを追加したときはdropColumnを忘れずに

カラムを追加したときには、マイグレーションファイルのfunction down () にdropColumnを追加します。

たとえば division_id カラムを追加した場合には、下記のコードを入れます。

編集後のファイルはこちら。

きちんと入っているか、確認してみてください。

カラム名を変更したときは順番を間違えないように

カラム名を変更する場合、たとえば player_id を worker_id に変更する場合は、マイグレーションファイルのfunction up ()に次のようにいれます。

function down () には、このカラム名を逆にしていれておきましょう。

なぜなら、削除するときにはカラム名をもとに戻す必要があるからです。

編集後のファイルはこちら。

ちょっとややこしいのですが、きちんと設定しておかないと、ロールバックしても、きれいに削除できません。

すると、そのあとにマイグレートを実施する時にエラーメッセージが表示されます。

なおマイグレーションのやり直し方法はこちらの記事を参考にしてください。

エラー対策はこちらにまとめてあります。

Laravel・PHP豆知識・トラブル対策

【無料プレゼント】

「LaravelでWebアプリをいちから作れるようになりたい!」

そんなLaravel初心者のあなたへ【Laravelの教科書】基礎編プレゼント中!
会員制フォーラムサイトを学習しながら作れます。

詳細はこちらをクリック

【個別サポート実施中】

「本ブログに記載の方法を試してみたけれど、うまくいかない」「コードを見てほしい」という方のために、有償でメールサポートいたします。以下のボタンをクリックして相談フォームにアクセスして下さい。

詳しく見る

Twitter始めました。
スポンサーリンク
40代からプログラミング!

コメント

タイトルとURLをコピーしました