Laravelで原因不明の404エラーが発生したらキャッシュクリアで解決

Laravel・PHP豆知識・トラブル対策

Laravelでルート設定は正しいのに404エラーが出続けたら、route:clear で、ルートのキャッシュをクリアしてみてください。

わたしは「何がダメなの~」としばし悩んだ後、これを実行。

あっさり解決したことがあります。試してみてくださいね。

ルート以外にも、色々なキャッシュをクリア!

Laravelではキャッシュが残っているためにエラーになることがあり、キャッシュクリアであっさり解決したりします。

「前の設定が邪魔している気がする」

「とにかくキャッシュをクリアしたい!!」

という時には、下記のキャッシュクリア系コマンドを試してみてください。

■アプリケーションのキャッシュをクリア

■コンフィグファイル(設定ファイル)のキャッシュクリア

■ビューファイルのキャッシュクリア

404エラーの意味は、指定したページが存在しないということ

ちなみに404エラーの意味は、指定したページは存在しないということ。

単純にURLの打ち間違いでも発生します。またルート設定に入れたコントローラーの名前や、メソッド名が間違えていてもエラーになります。

Junko
Junko

ケアレスミスがないかも、チェックしてみてくださいね。

Laravel・PHP豆知識・トラブル対策

【Laravelの教科書・無料プレゼント】

Junko
Laravelの使い方を覚えたい!と思ったら、ぜひ、役立ててほしいです。
ひつじプログラマ
会員制サイトをいちから作っていくよ。ボタンをクリックして詳細を見てね。
Laravelの教科書の詳細を見る

Laravel8版と、最新のLaravel9版、ふたつのテキストご用意してます♪

【無料プレゼント】

「LaravelでWebアプリをいちから作れるようになりたい!」

そんなLaravel初心者のあなたへ【Laravelの教科書】基礎編プレゼント中! 会員制フォーラムサイトを学習しながら作れます。

詳細はこちらをクリック

Laravel8版と、最新のLaravel9版、ふたつのテキストご用意してます♪

「Laravelで業務効率化用のWebアプリを開発してほしい」
「社内にLaravelが分かる人がいない。コンサルしてほしい」
そんな企業様のご依頼承っています。
お問い合わせはこちら
Laravelを使ったWebアプリ開発のご相談承り中
Zoomでのお打ち合わせも承っています♪
お問い合わせはこちら
Twitter始めました。
40代からプログラミング!

コメント

タイトルとURLをコピーしました