Laravelでデータ型を後から変える方法【初心者のためのLaravel超入門講座】

Laravel 入門講座
スポンサーリンク

Laravelでデータ型を後から変更したいときの手順を解説します。

最初に変更できるデータ型についてですが、下記のみとなります。

bigInteger、binary、boolean、date、dateTime、dateTimeTz、decimal、integer、json、longText、mediumText、smallInteger、string、text、time、unsignedBigInteger、unsignedInteger、unsignedSmallInteger、uuid

*公式マニュアル参照:https://readouble.com/laravel/8.x/ja/migrations.html

スポンサーリンク

Laravelでデータ型を後から変える方法

それでは手順を解説します。

今回は、articlesテーブルの中の【body】カラムのデータ型を string→longTextに変更することにします。

①コンポーザーの追加(初回のみ)

★2021年2月4日追記★バージョン指定なしでインストールをしようとすると、

「 Class ‘Doctrine\DBAL\Driver\PDOMySql\Driver’ not found」

とエラーがでます。どうやら最新版だと、以前と構成が変わり、このドライバーが必要になるようで。

以前のバージョンを入れておくと、現在のところ問題なく実行できます。

②マイグレーションファイルの作成

次のルールに沿ってコマンドを入力します。

ファイル名は、マイグレーションファイルの名前になります。

お好きなように変更してください。

今回は、下記のようにコマンドを入力します。

③マイグレーションファイルの更新

databaseフォルダの中のマイグレーションファイルを開きます。

upの部分に、次のようにlongTextのデータ型を入力。

最後に【->change()】を加えることで、「変更するよ」という意味になります。

downの部分には、ロールバック(マイグレーションのやり直し)を行ったときに、変更前の状態に戻すための処理をいれます。

今回は、元々のデータ型をいれておきます。

ここでも 【->change()】を加えます。

ファイルを保存します。

④マイグレーションの実行

マイグレーションを実行します。

phpMyAdminにログインすると、【body】カラムのデータ型が変更されています。

【変更前】

【変更後】

カラム変更の他の方法はこちらをどうぞ。

Laravel 入門講座 Laravelデータベース

【無料プレゼント】

「LaravelでWebアプリをいちから作れるようになりたい!」

そんなLaravel初心者のあなたへ【Laravelの教科書】基礎編プレゼント中!
会員制フォーラムサイトを学習しながら作れます。

詳細はこちらをクリック

【個別サポート実施中】

「本ブログに記載の方法を試してみたけれど、うまくいかない」「コードを見てほしい」という方のために、有償でメールサポートいたします。以下のボタンをクリックして相談フォームにアクセスして下さい。

詳しく見る

Twitter始めました。
スポンサーリンク
40代からプログラミング!

コメント

タイトルとURLをコピーしました