Laravel Jetstream 二段階認証無効化・ロゴ変更・日本語化などカスタマイズ方法

Laravel Jetstream

LaravelのJetstream Livewire版のカスタマイズ方法をご紹介します。

インストール方法は下記で解説しています。

Jetstream版で利用できる認証機能は、下記で紹介しています。

じゅんこ
じゅんこ

ほんと、びっくりするぐらいの高機能がデフォルトで使えちゃいます。

デモサイトもご用意しているので、良かったらお試しください。

ビューファイルのコンポーネントをセット

デフォルトのままだと、ロゴなど、ビュー部分のカスタマイズができません。

下記を実行すると、コンポーネントをセットしてくれます。

コンポーネントとは、部品別になっているテンプレートファイル一式、といった感じです。

上記コマンドを実行後、下図のようなファイルがesources/views/vendor/jetstream/componentsの中にできます。

このファイルを操作することで、ボタン部分やロゴ部分など、デフォルトで用意されている部分を編集できます。

ロゴの変更方法

ロゴを変更するには、下記のファイルを編集します。

  • authentication-card-logo.blade.php
  • application-mark.blade.php

変更するには、元々のコードを無効にして、imgタグで画像を入れるだけでOK。

authentication-card-logo.blade.phpファイルに変更を加えると、ユーザー登録・ログイン時のロゴが変わります。

application-mark.blade.phpファイルに手を加えると、ログイン後の左上の部分が変わります。

認証機能の有効化・無効化設定変更

認証機能は便利ながら、場合に応じて有効化するかどうか、変更したいですよね。

新しい認証機能は、Jetstreamとfortifyの2つによって提供されています。

公式マニュアルによると、fortifyとJetstreamの役割分担は次のとおり。

Laravel Fortifyは、Laravelのヘッドレス認証バックエンドであり、このドキュメントにある多くの機能を実装しています。Laravel Jetstreamは、Tailwind CSS、Laravel Livewire、Inertia.jsを使い、美しくモダンなUIでFortifyの認証サービスを利用および公開するUIです。

・引用元:Laravelマニュアル:https://readouble.com/laravel/8.x/ja/authentication.html

このように分かれているため、機能によって、どちらのファイルを変更するか異なってきます。

機能の有効化・無効化はconfigフォルダの fortify.phpファイル または jetstream.phpファイルで行います。

fortifyファイルで設定変更

fortifyはパスワード・二段階認証・登録などの機能を提供しています。

fortifyの設定は、config/fortify.php ファイルで変更できます。

ファイル内の【features】は、ユーザープロフィールに関する項目となります。

たとえば、下記のようにコメントアウトすれば「二段階認証は使わない」設定にできます。

機能そのものが、画面上に表示されなくなります。

ほかにもパスワードを何回間違えたら制限をかけるか、などの設定を fortify.php ファイルを通じて変更できます。

Jetstreamファイルで設定変更

config/jetstream.php では、ユーザーのアバター(プロフィールフォト)や、APIコードに関する部分を有効・無効化できます。

たとえば【api】をコメントアウトすれば、API Tokens機能が無効にになります。

画面にも表示されません。

【APIコメントアウト前】

【APIコメントアウト後】

日本語化の設定

Laravelのエラーメッセージを日本語するには、GitHubからファイルをダウンロードし、さらにconfig/appで、デフォルト言語を【ja】に変更する必要があります。

詳しくは、こちらのファイルの「Laravelの初期設定を変更する」をご確認ください。

翻訳関連のファイルは、langに入れていきます。

さいごに

Laravel Jetstreamのインストールと設定方法を解説しました。

ほかにも色々ご紹介しているので、関連記事も見ていってくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました