Laravelでテーブル内のデータを一括削除する方法【truncate】

Laravel 入門講座
スポンサーリンク

テーブル内のデータを一括削除するには truncate(トランケート)メソッドが便利。

3分でパパっと処理できます。一括削除したい時に行ってください。

truncateは、切り捨てる、といった意味があります。

なおLaravelはLaravel8のバージョンを使って、操作確認しています。

じゅんこ
じゅんこ

削除したら元に戻せません。

後悔がないようにしてくださいね。

① database/seeders の中の DatabaseSeeder.phpを開く

② 削除するモデルを指定する

削除したいテーブルのモデルを入力します。

下記の例では「Text」モデルを指定しています。

③ コマンド入力

じゅんこ
じゅんこ

以上です。あっさりですね。

処理後は、データベース上の削除したテーブルをご確認ください。

次のようになっています。

なおtruncateコマンドの後に、新しくフェイクデータを入れることも可能。

詳しくは、こちらのダミーデータ作成法に関する記事をご覧ください。

 

Laravel 入門講座 Laravel・PHP豆知識・トラブル対策

【無料プレゼント】

「LaravelでWebアプリをいちから作れるようになりたい!」

そんなLaravel初心者のあなたへ【Laravelの教科書】基礎編プレゼント中!
会員制フォーラムサイトを学習しながら作れます。

詳細はこちらをクリック

【個別サポート実施中】

「本ブログに記載の方法を試してみたけれど、うまくいかない」「コードを見てほしい」という方のために、有償でメールサポートいたします。以下のボタンをクリックして相談フォームにアクセスして下さい。

詳しく見る

Twitter始めました。
スポンサーリンク
40代からプログラミング!

コメント

タイトルとURLをコピーしました