Laravelでバージョンを指定してプロジェクトを作成する方法

Laravelバージョンアップ・ニュース

Laravelでバージョンを指定してプロジェクトを作成するには、下記のようにコマンドを入れます。

composer create-project “laravel/laravel=バージョン” プロジェクト名

たとえばプロジェクト名が “sample” 、Laravel8の最新版を使ってプロジェクトを作りたい場合には、次のようにコマンドを入力します。

プロジェクトのバージョンを確認するには、プロジェクトを作成したディレクトリに移動して、次のコマンドを実行します。

次のようにバージョンが表示されます。

現在有効なLaravelのバージョン

なお、2022年2月8日現在、Laravelは8または9以外はバグ修正期限が切れてしまっています。

新しくプロジェクトを作るのであれば、サポートが長いLaravel9がおすすめです。

【Laravelのバージョン・サポート情報】

 バージョン 公開日(予定含) バグサポート セキュリティサポート LTS版
9 2022年2月8日 2024年2月8日 2025年2月 8日
8 2020年9月8日 2022年7月26日 2023年1月24日
6 2019年9月3日 2022年1月25日 2022年9月6日

*参考:https://laravelversions.com/

ですが、Laravel9は、PHP8.0以上が必要です。

環境を変更するのが難しい場合など、Laravel8でプロジェクトを作る必要が出てくるかもしれません。

そういった時に、本記事も参考に、バージョンを指定してプロジェクトを作成してください。

Laravelバージョンアップ・ニュース Laravel・PHP豆知識・トラブル対策

【Laravelの教科書・プレゼント】

Junko
Laravelの使い方を覚えたい!と思ったら、ぜひ、役立ててほしいです。 基礎編は無料でプレゼント中です♪
ひつじプログラマ
会員制サイトをいちから作っていくよ。ボタンをクリックして詳細を見てね。
Laravelの教科書の詳細を見る

Laravel8版と、最新のLaravel9版、ふたつのテキストご用意してます♪

【無料プレゼント】

「LaravelでWebアプリをいちから作れるようになりたい!」

そんなLaravel初心者のあなたへ【Laravelの教科書】基礎編プレゼント中! 会員制フォーラムサイトを学習しながら作れます。

詳細はこちらをクリック

Laravel8版と、最新のLaravel9版、ふたつのテキストご用意してます♪

Laravel関連のご相談承ってます♪
「Webアプリを開発してほしい」
「社内にLaravelが分かる人がいない。コンサルしてほしい」
そんな企業様のご依頼承っています。
お問い合わせはこちら
Laravel関連のご相談承ってます♪
「Webアプリを開発してほしい」
「社内にLaravelが分かる人がいない。コンサルしてほしい」
そんな企業様のご依頼承っています。
お問い合わせはこちら
Twitter始めました。
40代からプログラミング!

コメント

タイトルとURLをコピーしました