LaravelとMailchimpの連携でできること、連携させてみた感想

LaravelとMailChimp

LaravelとAPI連携できるメルマガ配信スタンドをお探しなら、MailChimpがおすすめです。

Mailchimpは、LaravelとAPI連携がしやすいメルマガ配信スタンドです。

たぶん この記事を読んでくれているあなたも、Laravel連携の観点で、MailChimpに興味をお持ちかと思います。

細かいコードなどは別記事で書いているので、ここでは大雑把に、実際に連携させた時に感じたことやできることを書いておきますね。

LaravelとMailChimpは、一言でいうと、とても連携しやすかったです。

連携によって、次のようなことができます。

  • Laravelアカウント作成時に、MailChimpにコンタクト追加
  • Laravelアカウント変更時に、MailChimpの内容を変更
  • Laravelアカウント消去時に、MailChimp上のコンタクト削除
  • Laravel上でMailChimpのコンタクトにタグを追加

Laravel側でアカウントを作成するタイミングで、MailChimpにも登録できます。

実際わたしは現在、LaravelとMailChimpを連携させて使っています。

また最後のタグ付けですが、これによって、Laravel上でユーザーが何かしたタイミングで、MailChimpからメールを送信したりできます。

実際の連携については、他の記事で解説しているので、気になったら見てみてください。

連携には、既存のパッケージを使うのが便利かと思います。Laravelのブログでも、MailChimpとのAPI連携用のパッケージを紹介しています。

なお、もしMailchimpを使い始めたいと思ったら、こちらからご登録いただけます。まずは無料版から使えるところが、嬉しいです。

Junko
Junko

無料版でも2000コンタクト登録できますし、なかなかのものですよ♪

MailChimpの登録はこちらをクリックしてください

↓↓↓


【Sign Up Free】という青緑色のボタンがありますが、そちらから無料版の登録が可能です。

LaravelとMailChimp

【Laravelの教科書・プレゼント】

Junko
Laravelの使い方を覚えたい!と思ったら、ぜひ、役立ててほしいです。 基礎編は無料でプレゼント中です♪
ひつじプログラマ
会員制サイトをいちから作っていくよ。ボタンをクリックして詳細を見てね。
Laravelの教科書の詳細を見る

Laravel8版と、最新のLaravel9版、ふたつのテキストご用意してます♪

【無料プレゼント】

「LaravelでWebアプリをいちから作れるようになりたい!」

そんなLaravel初心者のあなたへ【Laravelの教科書】基礎編プレゼント中! 会員制フォーラムサイトを学習しながら作れます。

詳細はこちらをクリック

Laravel8版と、最新のLaravel9版、ふたつのテキストご用意してます♪

社内にWebアプリ開発経験がなくて、困ってませんか?

「自社でWebアプリ開発を始めていきたい」
という企業様のために、Laravelセミナー・プログラミング教育を実施しています。

【セミナー使用スライド】

詳細はこちらご覧ください

【Mailchimp導入サポート】

「LaravelとMailchimpを連携させたい」「Mailchimpを使いたいけど英語で不安」という方のために、サポートサービスをご用意しています。下記のボタンをクリックして、詳細をご覧ください。

詳しく見る

Twitter始めました。
40代からプログラミング!

コメント

タイトルとURLをコピーしました