PHPプログラミング初心者が教材で挫折しないために覚えるべき10個の用語

プログラミング・PHP学習

私は40代でプログラミングを学び始めました。

最初は、PaizaやProgateでPHPを学びましたが、とにかくもう、意味が分かりません。

さらに分からないことが、意味不明な単語で説明してあるので、ストレス感じまくりでした。

たとえば、こちらのPHPコードについて。

  1. $today = new DateTime();
  2. print($today->format(‘G時i分s秒’));

こんなような説明があるわけです。

これはDateTimeクラスを使ってますね。$todayというのがDateTimeのインスタンスです。このクラスのformatというメソッドを使って、引数の部分で表示する時間を指定しているわけです。

・・・どういう意味じゃい!

日本語なのに日本語だと思えない説明に、心の中でツッコミいれつつ教材読んでました。

最近はすこしずつ単語の意味が分かってきましたが、せめて最初に、超基本用語の意味を知っておけば、もっとずっと、効率よく学べた・・・

そこで、初心者の方のために、最初に知っておくべき超基本用語と意味をまとめてみました。

独学で学習する方は、私のような目に合わないよう、ぜひ最初に覚えてください。

なお本記事は、たにぐち先生のPHP学習の鉄板本を参考とさせて頂いております。

プログラミングとは

まず最初に、プログラミングとは何かを定義しておきます。

プログラミングとは、「制御構造」と「処理」を組み合わせて、目的を達成するための効率の良い構造を作っていくこと。

「制御構造」とは、次の3つからなります。

  • 繰り返し
  • 分岐
  • 順次

主に、最初の繰り返しと分岐が大事。

一方、「処理」は、ものすごくいっぱいあります。

制御構造はしっかり使い方を覚え、そして処理は必要に応じて調べて、効率の良いコードを作っていく。これがプログラミングです。

そしてプログラミング学習とは、制御構造の作り方や処理の仕方を学ぶことと言えます。

プログラミングの基本用語10個

それでは基本用語を解説します。

Function (ファンクション、関数)

ファンクションは、先ほどの「処理」の部分です。

特徴としては、後ろにカッコがつきます。

たとえばprint関数はこのように記述します。

  1. print(‘ここを印刷してね’);

Parameter(パラメータ、引数)

パラメータは、ファンクションのあとのカッコの部分です。

2つ以上あるときには、カンマ(,)で区切ります。

戻り値・返り値

プログラムを実行した後に、得られる値です。

オブジェクト

処理を行う対象のこと。

どの対象に対して行う命令なのかを考えてコードを組むことを、オブジェクト指向といいます。

ただしオブジェクトは設計図のようなもので、実際に動かすには、実体を作る必要があります。

クラスとインスタンス

クラスは、オブジェクトの実体を作るための型のようなもの

クラスを使って実体(インスタンス)を作ります。

いってみれば、クラスはタコ焼き機の型で、実際のたこ焼きがインスタンス。

 

クラスは好きに作ることもできますが、既に準備されているものもあります。

たとえば、現在の日時を取得するためのDateTimeクラスがあります。

こちらのコードは、「DateTimeクラスを使って、【$today】というインスタンス(実体)を作ってね」という意味になります。

  1. $today = new >DateTime();

メソッド

クラスを使って作られたインスタンスが行う動作のこと。

インスタンスのあとに「->;」がついていて、動作が指定されています。

使える動作は、クラスによって決まってきます。

 

たとえば 先ほどのDateTimeクラスにはformatメソッドがあり、日時の表示方法を指定できます。

次のように書かれていたら、「$todayというインスタンスを使って、formatというメソッドを実行してね」ということ。

  1. $today = new DateTime();
  2. print($today->format(‘G時i分s秒’));

formatの後にカッコで(‘G時i分’)と書かれています。

この部分を、パラメータ(引数)と呼びます。このコードでは、パラメータによって、具体的な表示方法を指定しています。

このコードを実行すると、ブラウザ上ではこのように表示されます。

クラスとメソッドによる日付表示例

プロパティ

インスタンスの性質や特徴です。

たとえば、インスタンスに名前をつけたり、色を指定したりできます。

変数と代入

昔、数学の授業で習った「X」や「Y」のようなもの。

データを入れておくための記号や文字列。

なお、この「入れておく」ことを「代入」といいます。

演算子

計算を行うための記号。

プラスとかマイナスとか。

ただ、イコールを 「==」と2回繰り返して書いたり、等しくないことを「!=」と記述したり、やや癖があります。(PHPの場合の例)

さいごに

10個といいつつ、項目数は9個と中途半端な感じになってしまいましたが。

とりあえず、プログラミング系の教材を読むうえで、ご紹介した9個の用語は覚えておいて損はないです!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました