Visual Studio Codeのインストールと初期設定【初心者のLaravel入門講座】

Laravel 入門講座

Visual Studio Codeはプログラムを行う際に非常に便利な無料ツール。

Laravelで使用する時にも、とても便利です。

Windows環境でのインストール方法と初期設定について紹介します。

Visual Studio Codeのインストールと初期設定【初心者のLaravel入門講座】

まずはインストールした後、初期設定を進めていきます。

インストールする

公式サイトから、インストーラーをダウンロード。

PCにvs codeをインストールします。

日本語化する

メニューを日本語にするには、View/Command Palette を選択します。

Ctrl+Shift+PでもOK。

選択肢の中から、Configure Display Languageを選択

次に【Install additional languages…】をクリックします。

左側にインストール可能な言語が出てきます。

上から2番目あたりの【Japanese】を選択。

右側に Japanese Language Pack が表示されます。

緑色のinstallボタンを押すと、インストールが始まります。

インストール後、ツールを再起動します。

すると、メニューがすべて日本語になっています。

外見を変える

次に、外見を変えましょう。

必須ではないですが、自分の好みに合う外見のほうが作業がはかどります。

配色を変える

配色を変えるには、ファイル/ユーザー設定/配色テーマ から行います。

フォントサイズ・種類の変更

フォントの種類やサイズを変えるには、ファイル/ユーザー設定 から行います。

フォントサイズはお好みで変更してください。

折り返し設定をOnにする

同じく ファイル/ユーザー設定より、コードの折り返しを設定できます。

スクロールして、 Editor Word Wrap を on にしておきましょう。

画面を小さくしても、コードが折り返しで表示されます。

拡張機能のインストールについて

とりえあずここまでで、初期設定完了です。

さいごに拡張機能について紹介します。

拡張機能とは、ワードプレスでいえばプラグインのようなもの。

特定の目的を満たすために作られており、まさにカユイところに手が届く機能を追加できます。。

Visual Studio Codeの左側のバーの一番下のボタンをクリックすると、拡張機能を検索できます。

拡張機能のインストール方法

拡張機能モードで検索し、インストールしたい機能をクリックします。

右側に拡張機能について、詳細が表示されます。

インストールボタンをクリックするとインストールが進みます。

インストールした拡張機能の設定は、ファイル/ユーザー設定/拡張機能 で行います。

拡張機能のアンインストール方法

インストール済みの拡張機能を検索すると、アンストールボタンが表示されます。

拡張機能は必要に応じていれて、逆に要らないものはアンインストールしておくことをおすすめします。

Laravelを使う時に便利な拡張機能は次の記事にまとめてあります。

Laravelユーザーの方は、併せて参考にしてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました