PHPのクラスをとことん分かりやすく解説【Laravel超入門講座】

Laravel 入門講座
スポンサーリンク

Laravelを使う際に絶対に必要なPHPやプログラミングの知識を解説していきます。

今回は、分かるようで分からない【クラス】の概念について。

クラスとは、プロパティ(性質)とメソッド(関数)を入れた設計図

「いや、そういわれても、よくわからない」

「むずかしい説明じゃなく、簡単な日本語で教えてほしい!」

↑↑↑

(過去のわたしの心の声)

という方のために、とことん分かりやすく解説していきますね。

スポンサーリンク

Laravelの前にクラスを絵を見て理解しよう【Laravel超入門講座】

クラスを理解していただくために、まずは、これまで「クラス」について聞いていたことを一度忘れてください。

そして、今からお伝えする光景を思い描いてください。

これから【人形】を作っていきながら、クラスの概念を説明していきます。

クラスとは設計図のこと

まずは、どんな性質で、どんな動作かを決めた設計図を最初に作ることとします。

クラスとは、この設計図のことです。

プロパティとは性質

つぎに、外見的や状態的な部分を決めていきます。

人形は服を着ていて、重さが数キロ程度、男の子版と女の子版があることにします。

服を着ている
重さはXキロ
男の子版と女の子版がある

こういった状態をクラスのプロパティと言います。

メソッドとは関数

次に、人形の動きを決めていきます。

なんとこの人形は、ロボットタイプで手を動かしたり、挨拶したりもできます!

手を動かす
挨拶をする

こういった動作を、クラスのメソッドと言います。

関数とも言いますね。

インスタンスとは個々の実体

さて、設計図ができあがりました。

早速、設計図に従って最初の1個目の人形を作ります。

「ゆうたくん」という男の子。水色のズボンをはいて、重さは1キロ、挨拶の言葉は「やぁ」です。

引き続き、2個目、3個目も作っていきます。

2個目の人形は「まりこちゃん」

長いスカートをはいていて、重さは1.1キロ、「こんにちは」と挨拶します。

3個目の人形は「たろうくん」。

重さは0.8キロで、「ハロー」と挨拶します。

これで、合計3つの人形ができました。

ゆうたくん、たろうくん、まりこちゃんは、どれも設計図に沿った個性があります。

このように設計図に沿って作られたものを、クラスのインスタンス(実体)と言います。

クラスとは、プロパティ(性質)とメソッド(関数)を入れた設計図

ここまで光景を思い描いていただけたら、あなたはもう、「クラス」を理解できています!

ポイントは下記のとおり。

  • クラスとは、プロパティ(性質)とメソッド(関数)を入れた設計図のこと
  • 設計図に沿って作ったものをインスタンスと言う
  • 各インスタンスは設計図に沿っているが、ひとつずつ別々ものである

今回は「人形」を例に説明しました。

実際には「お問い合わせ」だったり「投稿」だったり、色々なものがクラスになるので、ちょっとわかりにくくなるかもしれません。

ですが、考え方は同じ。

次回は、今回の「クラス」の知識を使って、Laravelのモデルについて説明していきますね。

Laravel 入門講座 プログラミング・PHP学習

【無料プレゼント】

「LaravelでWebアプリをいちから作れるようになりたい!」

そんなLaravel初心者のあなたへ【Laravelの教科書】基礎編プレゼント中!
会員制フォーラムサイトを学習しながら作れます。

詳細はこちらをクリック

【個別サポート実施中】

「本ブログに記載の方法を試してみたけれど、うまくいかない」「コードを見てほしい」という方のために、有償でメールサポートいたします。以下のボタンをクリックして相談フォームにアクセスして下さい。

詳しく見る

Twitter始めました。
スポンサーリンク
40代からプログラミング!

コメント

タイトルとURLをコピーしました