Laravelで現在のユーザーを全ページで共有したい時はview composerが便利

Laravel・PHP豆知識・トラブル対策

現在のログインユーザー=$userとし、全ビューページでこの$user共有したい、という場合には、view composerを使うと便利です。

view composerの設定方法を解説していきますね。

Laravelで認証済みユーザ変数を全ページで共有したい時のview composer 設定方法

既にプロジェクトに認証機能が搭載されている、という前提で解説をしていきます。

①ServiceProvider作成

まずは下記コマンドを実行して、ViewComposerServiceProviderを作成します。

 

②config/app.phpに登録

次にconfig/app.phpに作成したServiceProvidereを登録します。

‘providers’ => [] の中に、 App\Providers\ViewComposerServiceProvider::class, を追加してください。

 

③作成したファイルの編集

app/Providers/ViewComposerServiceProvider.phpを開きます。

Illuminate\Support\Facades\View; をuse宣言に加えます。

またbootメソッドは下記のように記述し、$user=認証済みユーザとします。

【ViewComposerServiceProvider.php】

以上です。

これでコントローラで定義しなくても、プロジェクト内のビューファイルで $user変数が使えるようになります。

たとえば  {{$user->name}}  とすると、ログイン中のユーザーの名前が表示されます。

なお似たような機能として、view->share()メソッドがあります。こちらも全ページで共有する変数を定義できます。

ただview->share()は実行タイミングが早すぎるために、認証済みユーザーを定義できません。

view->share()についてはこちらの記事で解説しているので、併せて参考にしてください。

Junko
Junko

個人的にはview->share()のほうが手軽な気もします。

用途によって使い分けてくださいね。

Laravel・PHP豆知識・トラブル対策

【Laravelの教科書・無料プレゼント】

Junko
Laravelの使い方を覚えたい!と思ったら、ぜひ、役立ててほしいです。
ひつじプログラマ
会員制サイトをいちから作っていくよ。ボタンをクリックして詳細を見てね。
Laravelの教科書の詳細を見る

Laravel8版と、最新のLaravel9版、ふたつのテキストご用意してます♪

【無料プレゼント】

「LaravelでWebアプリをいちから作れるようになりたい!」

そんなLaravel初心者のあなたへ【Laravelの教科書】基礎編プレゼント中! 会員制フォーラムサイトを学習しながら作れます。

詳細はこちらをクリック

Laravel8版と、最新のLaravel9版、ふたつのテキストご用意してます♪

Laravel関連のご相談承ってます♪
「Webアプリを開発してほしい」
「社内にLaravelが分かる人がいない。コンサルしてほしい」
そんな企業様のご依頼承っています。
お問い合わせはこちら
Laravel関連のご相談承ってます♪
「Webアプリを開発してほしい」
「社内にLaravelが分かる人がいない。コンサルしてほしい」
そんな企業様のご依頼承っています。
お問い合わせはこちら
Twitter始めました。
40代からプログラミング!

コメント

タイトルとURLをコピーしました