Laravel Excelインポート時に重複をスキップする方法 firstOrCreate

Laravelと連携:Excel・PDF・Google
スポンサーリンク

Laravelでエクセルファイルをインポートしたいときには、Maatwebsiteが便利です。

Maatwebsiteを使う際、firstOrCreateを活用すれば、重複部分を除外したインポートが可能。

fistOrCreateと似たような関数にfirstOrNew、セットで使うと便利な関数にwasRecentlyCreatedがあります。

重複部分の除外方法と共に、firstOrCreate, firstOrNew, wasRecentlyCreated の3つの関数の使い方も紹介します。

スポンサーリンク

Laravel Excelインポート時に重複をスキップする方法 firstOrCreate

今回は、次のお団子情報が入ったエクセルファイルをデータベースにインポートします。

なおMaatwebsiteのインストール方法、ルート設定やコントローラー処理については、下記の記事を参考にしてください。

本記事ではインポートファイルの処理のみ解説していきます。

① ToModelではなくOnEachRowに変更

インポートファイルにはデフォルトでToModelメソッドが使われますが、これですと、一括でインポート処理が行われます。

もしエラーがあると、ファイル丸ごと「エラーあり」ということではじかれてしまいます。

今回の重複チェックのように「一行ずつ」処理を行うためには、ToModelではなく、OnEachRowメソッドを使いましょう。

インポートファイル先頭のUse宣言、クラスの記述を下記のように変更します。

② firstOrCreateを使う

インポート処理部分では、firstOrCreate関数を使います。

これは、重複した値がなければ新規作成・保存する関数。

重複かどうかを判断するキーを最初に設定します。

「お団子の種類」について重複していれば登録したくない場合には、次のように記述します。

これでOKです。

③ 追加処理はwasRecentlyCreatedを使う

もし「今新規作成したばかりの値に処理を加えたい!」という場合には、wasRecentlyCreatedを使います。

wasRecentlyCreatedによって、今作成したばかりのデータを簡単に選択できます。

たとえば、作成したデータのnumber部分を「5」にする場合は、次のように処理を加えます。

Laravel Excelインポート時に重複をスキップする方法 firstOrNew

以上がfirstOrCreateとwasRecentlyCreatedを使った処理の例です。

次にfirstOrNewの使った方法を解説します。

firstOrNewは、重複した値がなければ新規作成のための値をセットします。

但し、保存まではしてくれません。

次のように、保存の処理は、別途入れる必要があります。

さいごに

使い分けとしては、

  • 通常処理のときには firstOrCreate
  • 新規作成から保存までの間に、何か処理をいれたいときには firstOrNew
が使いやすいかな、と思います。
ちなみに、エクセルインポート後のデータベースはこちらです。
じゅんこ
じゅんこ
なんだか、お団子が食べたくなってきますね。
Laravelと連携:Excel・PDF・Google

【無料プレゼント】

「LaravelでWebアプリをいちから作れるようになりたい!」

そんなLaravel初心者のあなたへ【Laravelの教科書】基礎編プレゼント中!
会員制フォーラムサイトを学習しながら作れます。

詳細はこちらをクリック

【個別サポート実施中】

「本ブログに記載の方法を試してみたけれど、うまくいかない」「コードを見てほしい」という方のために、有償でメールサポートいたします。以下のボタンをクリックして相談フォームにアクセスして下さい。

詳しく見る

Twitter始めました。
スポンサーリンク
40代からプログラミング!

コメント

タイトルとURLをコピーしました