LaravelからExcelを簡単にエクスポートする方法【maatwebsite】

Laravelと連携:Excel・PDF・Google

Laravelでエクセルファイルをエクスポートするには、maatwebsiteがおすすめ。

エクセルファイルのインポートとエクスポートが手軽にできます。

maatwebsiteのインストール&インポート方法は前半の記事で説明しています。

併せて参考にしてくださいね。

LaravelにExcelを簡単にエクスポートする方法【maatwebsite】

下記のdangosデータベーステーブルをエクセルでダウンロードする手順を解説していきます。

こちらは、前回エクセルのインポートによって作成したデータベーステーブルです。

① exportファイルを作成

下記コマンドを実行して、エクスポート用のファイルを作成します。

app/Exportsの中にエクスポートファイルDangoExport.phpファイルが作成されます。

Laravel8を使っている場合には、一番上のuse宣言を修正します。

② ルート設定を追加

routesの中のweb.phpファイルを開きます。

表示用とエクスポート用に下記のルート設定を追加します。

③ ビューファイルを編集

resources/viewsの中のdango.blade.phpファイルの中にダウンロードボタンを追加します。

④ コントローラーを編集

app/Httpsの中のDangoController.phpを開きます。

下記のuse宣言を加えます。

ページ表示用のメソッドをいれます。

エクスポート用のメソッドをいれます。

これで準備完了。

⑤ テスト

今の段階で、エクセルファイルをダウンロードしてみましょう。

エクセルファイルがダウンロードできます。

Excelをエクスポートする際に不要なカラムを削除

上記の方法でダウンロードすると、次のようなファイルが落とせます。

データベーステーブルの中に自動で作成されるIDやTimestampsの情報も入ってきてしまいます。

不要なカラムを除外する方法を紹介します。

app/Exportsの中のDangoExport.phpファイルのcollectionメソッドに【makehidden】を追加しておきましょう。

makehiddenに設定したカラム名は、ダウンロードがから除外できます。

Excelをエクスポートする際にヘッダーをつける

ダウンロードしたファイルにヘッダーをいれる方法も解説します。

app/Exportsの中のDangoExport.phpファイルを開き、次のuse宣言を加えます。

class名の後のimplementsにも、WithHeadingsを加えます。

さらにheadingsメソッドを追加し、その中にヘッダーを設定します。

編集したエクスポートファイルは、次のようになります。

これで、ヘッダー付きのエクセルファイルをダウンロードできます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました