Laravel Excelインポートエラー対策:Undefined constant ‘WithHeadingRow’

Laravelと連携:Excel・PDF・Google
スポンサーリンク

Laravelでmaatwebsiteライブラリを使うと、エクセルファイルのインポートが手軽にできます。

ただ日本語のヘッダでは、設定を変えておかないと、このエラーが出てきます。

Undefined constant ‘App\IMports\Use Maatwebsite\Excel\Concerns\WithHeadingRow’

エラーをなおすには、次のようにしましょう。

① 設定ファイル作成

もしまだなければ、下記コマンドで、Maatwebsiteの設定ファイルを作成します。

② ファイルを編集

app/configの中にできるexcel.phpファイルを開きます。

111行目のheading_row の formatter を slug から none にしておきましょう。

これだけ♪

インポート設定はこちらの記事も参考にしてください。

Laravelと連携:Excel・PDF・Google Laravel・PHP豆知識・トラブル対策

【無料プレゼント】

「LaravelでWebアプリをいちから作れるようになりたい!」

そんなLaravel初心者のあなたへ【Laravelの教科書】基礎編プレゼント中!
会員制フォーラムサイトを学習しながら作れます。

詳細はこちらをクリック

【個別サポート実施中】

「本ブログに記載の方法を試してみたけれど、うまくいかない」「コードを見てほしい」という方のために、有償でメールサポートいたします。以下のボタンをクリックして相談フォームにアクセスして下さい。

詳しく見る

Twitter始めました。
スポンサーリンク
40代からプログラミング!

コメント

タイトルとURLをコピーしました