Laravel ユーザー登録時にデフォルトのRoleを割り当てる方法

Laravelデータベース
スポンサーリンク

Laravelでユーザー登録時に、デフォルトで役割を割り当てる方法を解説します。

attach関数を使うと、シンプルなコードで作れてしまいます。

UserとRoleモデルはBelongsToManyでリレーションを作ってあるという想定で説明します。

リレーションの作り方は、下記を参考にしてください。

スポンサーリンク

Laravel ユーザーにデフォルトのRoleを割り当てる方法

app/Http/Controllers/Auth のRegisterController.phpを開きます。

protected function create(array $data) を次のように変更します。

【変更前】

【変更後】

returnをいれると、そのあとのコードが反映されなくなります。

そこで最初の【return】は取り除き、【$user=】に置き換えます。

ユーザーデータを作成した後は、下記をいれます。

$user->roles()->attach(デフォルトでいれたいrole id);

最後にreturn $user; で締めくくります。

Attach関数を使うと、シンプルに役割を割り当てられて、便利ですね。

Attachの使い方は、こちらの記事でも紹介しているので、参考にしてください。

Laravelデータベース Laravel・PHP豆知識・トラブル対策

【無料プレゼント】

「LaravelでWebアプリをいちから作れるようになりたい!」

そんなLaravel初心者のあなたへ【Laravelの教科書】基礎編プレゼント中!
会員制フォーラムサイトを学習しながら作れます。

詳細はこちらをクリック

【個別サポート実施中】

「本ブログに記載の方法を試してみたけれど、うまくいかない」「コードを見てほしい」という方のために、有償でメールサポートいたします。以下のボタンをクリックして相談フォームにアクセスして下さい。

詳しく見る

Twitter始めました。
スポンサーリンク
40代からプログラミング!

コメント

タイトルとURLをコピーしました