Laravel Argument 1 passed to エラー:同じクラス名を使っていませんか?

Laravel・PHP豆知識・トラブル対策

Laravelのなかで同じクラス名を使っていると、このエラーがでます。

たとえば、モデル名と、NotificationsやMailableクラス名が同じだったりとか。

エラーがでる原因はそれだけではないですが、もし該当したら、クラス名の前に「どこの」クラスなのかを定義してみてください。

たとえば、UserUpdate という名前のMailableクラスを使う場合には、

\App\Mail\UserUpdate

と入れてあげます。

このとき、最初にバックスラッシュ(\)をいれるようにしてください。

バックスラッシュなしで下記のように指定すると、今いる場所から相対的にファイルの場所が指定されてしまい、エラーになってしまいます。

【ダメな例】

App\Mail\UserUpdate

自分がどこにいるかに関係なく絶対パスを指定するには、最初にバックスラッシュをいれるようにしましょう。

Laravel・PHP豆知識・トラブル対策

【Laravelの教科書・プレゼント】

Junko
Laravelの使い方を覚えたい!と思ったら、ぜひ、役立ててほしいです。 基礎編は無料でプレゼント中です♪
ひつじプログラマ
会員制サイトをいちから作っていくよ。ボタンをクリックして詳細を見てね。
Laravelの教科書の詳細を見る

Laravel8版と、最新のLaravel9版、ふたつのテキストご用意してます♪

【無料プレゼント】

「LaravelでWebアプリをいちから作れるようになりたい!」

そんなLaravel初心者のあなたへ【Laravelの教科書】基礎編プレゼント中! 会員制フォーラムサイトを学習しながら作れます。

詳細はこちらをクリック

Laravel8版と、最新のLaravel9版、ふたつのテキストご用意してます♪

社内にWebアプリ開発経験がなくて、困ってませんか?

「自社でWebアプリ開発を始めていきたい」
という企業様のために、Laravelセミナー・プログラミング教育を実施しています。

【セミナー使用スライド】

詳細はこちらご覧ください

Twitter始めました。
40代からプログラミング!

コメント

タイトルとURLをコピーしました