4文字で Trying to get property 〇〇 of non-object / on null を直す方法

Laravel Breeze

Trying to get property 〇〇 of non-object と出たら、「オブジェクトがないのに、プロパティを参照しようとしているよ」という意味。

Trying to get property 〇〇 on null と出たら、「nullなのにプロパティを読み込もうとしているよ」という意味です。

手っ取り早く治す方法としては、表示しようとしているプロパティの後に【??”代わりの値”】を入れてあげることです。

例を使って、説明していきます。

こちらがエラーが起こったときのコードだとします。

次のようにコードを修正します。

コードの意味

postに紐づいたuserのnameを表示してね。

userのnameが空っぽのときには、【匿名】といれて。

すると、画面が表示されるようになります。

【画面例】

この方法は、NULL合体演算子というPHPの機能を使った方法になります。

なお、もし【匿名】といれず、空白にしておきたい場合には、下記のようにします。

こうすれば、??” の4文字でエラーが治ります。

データに値が入っていない可能性がある場合などに、使える解決法です。

エラーが解決したら嬉しいです。

なお、根本的な修正にはならないので、そのあたりはご注意を。

Junko
Junko

根本的に直すにはなぜnullになってしまうのかを探って、コードを修正する必要があります。

カラムを追加したり、テーブルの構造を変えた場合には、変更前のレコードを削除すると治ったりします。

Laravel Breeze Laravel・PHP豆知識・トラブル対策

【Laravelの教科書・プレゼント】

Junko
Laravelの使い方を覚えたい!と思ったら、ぜひ、役立ててほしいです。 基礎編は無料でプレゼント中です♪
ひつじプログラマ
会員制サイトをいちから作っていくよ。ボタンをクリックして詳細を見てね。
Laravelの教科書の詳細を見る

Laravel8版と、最新のLaravel9版、ふたつのテキストご用意してます♪

【無料プレゼント】

「LaravelでWebアプリをいちから作れるようになりたい!」

そんなLaravel初心者のあなたへ【Laravelの教科書】基礎編プレゼント中! 会員制フォーラムサイトを学習しながら作れます。

詳細はこちらをクリック

Laravel8版と、最新のLaravel9版、ふたつのテキストご用意してます♪

社内にWebアプリ開発経験がなくて、困ってませんか?

「自社でWebアプリ開発を始めていきたい」
という企業様のために、Laravelセミナー・プログラミング教育を実施しています。

【セミナー使用スライド】

詳細はこちらご覧ください

Twitter始めました。
40代からプログラミング!

コメント

タイトルとURLをコピーしました