Laravel foreach処理の中でoptionタグにselectedを入れる方法

Laravel・PHP豆知識・トラブル対策

プルダウンメニューでforeach処理を行う場合に、optionタグにselectedを入れる方法を解説します。

edit時など、既に入力したデータを更新する場合に便利。

最初の入力値を選択した状態にしておけます。

Laravel foreach処理の中でoptionタグにselectedを入れる方法

通常のforeach処理は次のように記述します。

条件に合う値を【selected】にしておきたい場合には、optionタグの中に、下記のように記述します。

@foreach($levels as $level)
<option value=”{{$level->id}}” @if (条件式)selected @endif

{{$level->name}}

@endforeach

上記の例では @if($level->id==$thisLevel) と条件を定めました。

$thisIevelの定義はコントローラーに記述し、ビューファイルに値を受け渡せます。

Laravel・PHP豆知識・トラブル対策

【Laravelの教科書・プレゼント】

Junko
Laravelの使い方を覚えたい!と思ったら、ぜひ、役立ててほしいです。 基礎編は無料でプレゼント中です♪
ひつじプログラマ
会員制サイトをいちから作っていくよ。ボタンをクリックして詳細を見てね。
Laravelの教科書の詳細を見る

Laravel8版と、最新のLaravel9版、ふたつのテキストご用意してます♪

【無料プレゼント】

「LaravelでWebアプリをいちから作れるようになりたい!」

そんなLaravel初心者のあなたへ【Laravelの教科書】基礎編プレゼント中! 会員制フォーラムサイトを学習しながら作れます。

詳細はこちらをクリック

Laravel8版と、最新のLaravel9版、ふたつのテキストご用意してます♪

社内にWebアプリ開発経験がなくて、困ってませんか?

「自社でWebアプリ開発を始めていきたい」
という企業様のために、Laravelセミナー・プログラミング教育を実施しています。

【セミナー使用スライド】

詳細はこちらご覧ください

Twitter始めました。
40代からプログラミング!

コメント

タイトルとURLをコピーしました