在宅初心者ライターが初めから高単価のライティング案件を獲得するコツ

ライティング
スポンサーリンク

多くのライターは、クラウドソーシングで最初の仕事を得ています。

ただクラウド上には1文字0.1円とか信じられないぐらい安い案件もあります。

最初はどんなものでも受けるべきという人もいますが、私は安すぎる仕事を断固おすすめしません。

ちなみに私の最初のお仕事から1記事10,000円でした。

初心者でも高単価が良い理由と、初めから高単価のお仕事を得るコツを紹介しますね。

今回の記事はブログなどで最低30記事以上は記事を書いてきた人、文章を書くことに情熱をそそいだ経験がある方向けです。

そうではなく、「日本語を書いてラクに稼げる」と思っている人には当てはまりません。

スポンサーリンク

ライター初心者でも高単価が良い理由

ライター初心者であっても高単価案件を狙うべき理由は、次の3つです。

プロとして成長しやすいから

「初心者だから初心者向けの案件が良い」という気持ちをもつと、その段階で甘えが生じます。

「大した出来でなくとも許されるだろう」と無意識に思ってしまうのです。

適当に文章を書いて少しでもお金になればいいや、と思っている人なら、それでも良いでしょう。

ですが、それでは稼げるライターになれません。

きっとこの記事を読んでくれているあなたは、本気で稼ぎたいと願っているはず。

そうであれば、最初から「プロ」という意識をもつ必要はあります。

そのためには、安すぎる案件を受けてはだめです。

しっかりと対価を頂いて、十分な時間とエネルギーを注ぎましょう。

そのほうが絶対に速く成長できます。

自分の価格基準を高く保てるから

ライターが売るのは自分自身のライティングスキルですが、これは目には見えません。

受けた仕事によって、自分の中に「価格基準」が出来ていきます。

次の仕事を探す際は、無意識にこの基準を使っていくことになるでしょう。

最初から高価格でスタートしたほうが、次の仕事も同じような価格のものを選びやすくなります。

低単価案件でも手間は同じだから

記事を書く作業は、意外と時間がかかります。

書き始める前にリサーチしたり、構成を考える必要があります。

例えほとんどお金にならない仕事でも、かかる手間はほぼ同じ。

であれば、低価格の案件を受けるメリットはありません。

それどころか稼げない仕事が増えると、良い仕事に時間がさけない悪循環が生じてしまいます。

高単価案件を受けるコツ

とはいっても、どうやったら最初から高単価案件を受けられるのか。

私自身も活用して効果を実証済みのコツを紹介しますね。

趣味や経験が活かせる仕事を探す

ライティングスキルは次の二つで成り立っています。

point

ライティングスキル×経験・知識

ライティングスキルに自信がないなら、まずは経験や知識を活かせる仕事を探しましょう。

ちょっと検索してみたところ、経験重視なライティング案件はこんなものがありました。

  • 海外移住経験者限定(1文字1円)
  • エンジニア歓迎(1文字1円)
  • 人事・労務経験者 (1文字2円)
  • オンライン英会話受講経験者(1文字1円)
  • 電話占い経験者(1文字1.2円)

5000文字以上が多いので、大体1記事5000円程度になります。

ちなみに、マニアックな特技ほど重宝される傾向があります。

実は私は中古品販売の経験がありますが、記事を書く上で役立ちました。

音楽系の機器とか、マニアックなんですよね^^;

普段は活用できない色々な経験や知識があるほど、ライバルよりも有利になるかと思います。

相手のニーズを読み取る

良い仕事であれば希望者が殺到します。

その中で選ばれるためには、「相手が何を望んでいるか」を読み取る力が大事。

仕事に申し込む際は、プロフィールとは別に、各クライアントが求める情報を伝えねばなりません。

ぜひ募集要項をしっかり読んで、相手のニーズを想像してみましょう。

見せられる記事を用意しておく

過去に書いた記事など、スキルを示せるものを求めるクライアントもいます。

私は、最初は知り合いのサイトに書いた記事のURLを送りました。

面倒ですが、知らない相手に仕事を依頼するのは、相手も不安でしょう。

可能であれば、すぐに見せられるブログなどを用意しておくと便利ですよ。

悪質な案件に注意

初心者ライターがはまりやすいトラップについても、解説します。

「安すぎる」以外にも注意すべき案件があります!

気を付けてくださいね。

教えるサービスに誘導するクライアント

クラウドソーシング上には生徒を獲得するために仕事を発注するようなクライアントもいます。

「未経験者優遇」「初心者歓迎」としておいしい条件をチラつかせれば、ライター志望の人がたくさん申し込むでしょう。

こうした人を自分のサービスに誘導していくのです。

仕事を申し込んだはずが、セミナーやLineに誘導されたら要注意!

ココナラなどのプラットフォームでは、こういった取り締まりも行ってくれるようです。

とはいえ、基本は自分で防衛が必要です。

じゅん
じゅんこ

プラットフォーム外でのやりとりは契約違反のところもあるので、気を付けてくださいね。

評価が低すぎるクライアント

案件の内容だけではなく、クライアントの評価もしっかりチェックしてください。

評価が異常に悪いクライアントには近づかないほうが吉!

発注率が少ない場合も、注意しておいたほうが良いでしょう。

無料期間が異常に長い案件

案件の中には、最初の30記事は無料であったり、異常に安い価格であるものもあります。

もちろん本当にトライアル期間が必要な場合もあるでしょう。

ただ、ライターへの負担が大きすぎますよね。

こういった案件は、しっかり条件を確認しておいたほうが良いでしょう。

というより、避けたほうが無難です。

まとめ

初心者でも高単価案件を取るコツと注意点を紹介しました。

  • 経験や知識をフル活用すると良い
  • 相手のニーズを読み取る
  • 見本の記事を用意しておく
  • 悪質な案件に注意する

高単価案件でスタートすることで「プロ」としての自覚が保ちやすくなります。

スキルを上げやすいですし、その後も高単価案件を取りやすくなりますよ。

じゅん
じゅんこ

あなたのライターデビュー成功を願っています!

コメント

タイトルとURLをコピーしました