your PHP version (○○) does not satisfy that requirement と出たときのエックスサーバーでの対処

Laravelデバック対策

エックスサーバーにSSHでアクセスして composer installを実行した時、次のようなエラーになることがあります。

Your requirements could not be resolved to an installable set of packages.
Problem 1
– △△△ requires php ^7.4 || ^8.0 -> your PHP version (7.3.16) does not satisfy that requirement.

次のような意味です。

「△△△は php ^7.4 || ^8.0 が必要です。あなたのPHP (7.3.16) はこの規定を満たしていません。」

とりあえず今だけphpのバージョン変えたい!という場合の対策を紹介します。

普段使うphpバージョンを変えたい場合は、こちらの記事をどうぞ。

your PHP version (○○) does not satisfy that requirement と出たときのエックスサーバーでの対処

①PHPバージョンチェック

まず、現在のPHPバージョンを確認して、「本当に言われていることが合っているのかな?」というのをチェックしておきましょう。

②composerの場所チェック

バージョンアップが必要な場合は、まず、composerの場所を調べます。そのためのコマンドはこちら。

わたしの場合は、コードを打つと、下記のように戻ってきます。

③PHPバージョンアップ

PHPのバージョンを指定して composer installを行うには、次のようにコマンドをいれます。

PHP【バージョン】 【composerの場所】 install

わたしの場合は、PHPを7.4を使いたい、さらに、composerの場所は /usr/bin/composer なので、次のようにコマンドをいれます。

この後、composer installが実行されます。

Laravelデバック対策 Laravelデプロイ

【Laravelの教科書・プレゼント】

Junko
Laravelの使い方を覚えたい!と思ったら、ぜひ、役立ててほしいです。 基礎編は無料でプレゼント中です♪
ひつじプログラマ
会員制サイトをいちから作っていくよ。ボタンをクリックして詳細を見てね。
Laravelの教科書の詳細を見る

Laravel8版と、最新のLaravel9版、ふたつのテキストご用意してます♪

【無料プレゼント】

「LaravelでWebアプリをいちから作れるようになりたい!」

そんなLaravel初心者のあなたへ【Laravelの教科書】基礎編プレゼント中! 会員制フォーラムサイトを学習しながら作れます。

詳細はこちらをクリック

Laravel8版と、最新のLaravel9版、ふたつのテキストご用意してます♪

Laravel関連のご相談承ってます♪
「Webアプリを開発してほしい」
「社内にLaravelが分かる人がいない。コンサルしてほしい」
そんな企業様のご依頼承っています。
お問い合わせはこちら
Laravel関連のご相談承ってます♪
「Webアプリを開発してほしい」
「社内にLaravelが分かる人がいない。コンサルしてほしい」
そんな企業様のご依頼承っています。
お問い合わせはこちら
Twitter始めました。
40代からプログラミング!

コメント

タイトルとURLをコピーしました