ChatGPT APIを使ってLaravelと連携:Webアプリを作成する方法を解説

ChatGPT

ChatGPTのAPIを使ってLaravelで「食材を入力するとレシピを考えてくれる」Webアプリを作りました。

APIを使ったChatGPTとLaravelとの連携方法とコードの組み方、API利用料についての注意点をご紹介します。

なおWebアプリは、下記動画でどんなふうに使えるかがご覧いただけます。

冷蔵庫にあるもので何を作るか悩んだ時に使えるWebアプリです。

クリックして、どんなふうに動くか見てみてください。

【Webアプリを動画で見てみる】

↓↓↓

ChatGPT APIを使ってLaravelでWebアプリを作成:APIキー設定

まずは連携方法について。今回は、Laravelの公式記事でも紹介されている openai-phpライブラリを作わせてもらいました。

上記のライブラリのインストールには、PHP8.1以上が必要となります。

なお、Laravelはバージョン10を使いました。Laravel10も、PHP8.1以上が必要です。Laravelのインストールは割愛しますが、ご興味あれば、下記記事ご覧ください。

① ライブラリをインストール

コマンドを実行し、ライブラリをインストールします。

設定ファイルを発行します。

② APIキーを設定

あらかじめこちらのページより、アカウントを作成しておきます。ログイン後、右上のView API Keysをクリック。

+Create new secret key ボタンをクリックして、APIキーを作ります。キーをコピーします。

プロジェクトの.envファイルに OPENAI_API_KEY という項目でキーを設定します。

③ configを設定

次に、config/openai.phpを開きます。②で設定したキー情報を、configに設定しておきます。

APIキーの設定は以上となります。

ChatGPT APIを使ってLaravelでWebアプリを作成:コード部分

次にコード部分を作っていきます。

① コントローラ作成

下記コマンドでコントローラを作ります。

app/Http/Controllersの中のChatController.phpを開きます。

use宣言には、次の通りいれておきましょう。

【app/Http/Controllers/ChatContoller.php】

メソッドは下記のように入れました。

【app/Http/Controllers/ChatContoller.php】

コードを解説します。

※なお、以前は ’model’ => ‘text-davinci-003′ でしたが、このモデルは古くなり使用できなくなったため、’gpt-3.5-turbo-instruct’ に変更しました。今後もまたモデルの変更はあるかもしれません。利用可能なモデルについては、下記をご参照ください。

chatメソッドのコードについて

chatメソッドは、ビュー部分表示のためのコードをいれています。上から説明します。

  • if($inputText!=null) とif構文を使っています。$inputTextは、フォームを通じて送信された食材($request->food) の情報が入っています。もし($inputText) がnullでなければ、つまり食材が送信されていれば、if構文の中のコードを実行する形にしています。
  • if構文の中では、$this->generateResponse($inputText); と、generateResponseメソッドに処理を受け渡しています。generateResponseでは、ChatGPT側に食材情報を受け渡し、得られた回答を$responseText という変数で返します。
  • $messagesの中に食材情報($inputText)と、ChatGPTの回答($responseText)をセットして、ビュー側に受け渡しています。

generateResponseメソッドのコードについて

generateResponseメソッド部分は、ChatGPTとやりとりしている部分になります。ざっと項目を説明します。

  • modelは、使用した機械学習モデルです。今回は「text-davinci-003」と設定しました。ライブラリの使用例に記載されていたので、こちらを使っています。どのモデルを使用するかで結果が変わります。
  • promptは、モデルに入力されるテキストとなります。ChatGPT側に受け渡す文章です。今回は、「’冷蔵庫にある食材を教えます’.$inputText.’美味しいレシピを5文以内で教えてください。」としました。このようにすることで、レシピを教えてくれるように、指示を送ることができます。また「5文以内」とすることで、回答の文量にも制限をかけました。
  • temperatureは、多様性を制御するためのパラメータとなります。高い(例:0.8)と、ランダムで多様性に富んでいる回答が得られ、低い(例:0.2)と、より保守的な回答が得られます。
  • max_tokensは、最大トークンとなります。今回は150までとしました。150トークンは大体150文字程度ですが、漢字が入ったりすると変わります。

こういった設定でChatGPTから回答を得て、これを返しています。

ただこの設定って、文字で言われても良く分からない部分ばかりですよね^^;

「設定を変えると、どんなふうに返答が変わるか見たい」という場合は、openAIのPlaygroundページでテストができます。

モデルや、Temperature等の各種設定を変えると、APIの応答がどう変わるかチェックできます。右下にトークン数も表示されます(下記では16となっています)。

② ルート設定

次にルート設定を作ります。

今回は、下記のように2つのルート設定をroutes/web.phpに加えました。

【routes/web.php】

③ ビュー部分

最後にビュー部分です。

resources/viewsにchatフォルダを作り、その中にcreate.blade.phpファイルを作ります。下記のようにコードを入れます(クラス等、デザイン部分を構成するコードは省略しています)。

【resources/views/chat/create.blade.php】

以上で、Webアプリの出来上がりです♪

【完成したWebアプリ】

微妙な材料でも、何とかちゃんとレシピを作ってくれます。

美味しいかどうかは、未検証ですが^^;

④ お役立ちサイト

ChatGPTとの連携コードを書く上で役立つサイトを2つご紹介します。

ひとつ目は、ChatGPTのAPI関連のマニュアルです。

ふたつ目は、今回使用した openai-php ライブラリのページです。

ChatGPTのAPIを使う時の料金について

ChatGPTのAPIの利用料金は、使用するモデルによって異なります。今回は、Davinciモデルを使いました。料金表は、下記ページにあります。

英語であれば1ワード1トークンですが、日本語の場合には、文字によってトークン数が異なります。漢字の場合には、トークンが多く使われます。

トークン数を調べたい場合には、先ほどもご紹介したPlaygroundで文字を入れてみてください。たとえば「大根とキャベツを使ったレシピ」で16トークンが消費されます。

また質問をした時と、返答された時の文字が両方ともカウントされます。

なかなか計算方法が複雑です。

デフォルトで体験版として18ドル分が使えるので、テストしつつ、使用されるトークン数を確認できます。

現在使っているトークン数は、ログイン後、右上のユーザー名をクリックして【Manage account】を選択すると分かります。

【API利用量を示したグラフ】

もしトークンを使いすぎるのを避けたい場合には、今回行ったように、max_tokensで返答文字数に制限をかけたり、「5文以内で教えて」などと指示をいれておく方法が使えます。

ユーザーが入力する部分に制限をかけておく手もあります。

なお有料版にした場合は、BillingメニューのUsage limitsで利用量の制限をかけられます。「うっかり使いすぎて、大変な金額になってしまった」という事態は避けられます。

さいごに

今回は、レシピ作成アプリの開発を通じて、ChatGPTとLaravelの連携方法をお伝えしました。

料金体系についても、お伝えしました。正直料金の計算方法はメンドウですが、想定外の支払いを回避する手がありますし、とりあえずは無料で使えます。

気になったら試してみてくださいね。

今回はざっくりとした形でWebアプリを作りましたが、まだまだ改良の余地ありです。また色々試してみたいと思います♪

なお、「まずはLaravelの基本コードを書けるようになりたい」と思ったら、学習サイト【Laravelの教科書】をご活用ください。

わたしが運営しているLaravel学習サイトになりますが、Laravelの使い方を学びつつ、フォーラムサイトを作る実践的な内容です。

【Laravelの教科書を通じて作成するWebアプリ例】

基礎編は、無料です。

詳細は、こちらのご案内ページご覧ください。

Laravelの教科書について詳しく知る

 

ChatGPT

【Laravelの教科書・プレゼント】

Junko
Laravelの使い方を覚えたい!と思ったら、ぜひ、役立ててほしいです。 基礎編は無料でプレゼント中です♪
ひつじプログラマ
会員制サイトをいちから作っていくよ。ボタンをクリックして詳細を見てね。
Laravelの教科書の詳細を見る

最新のLaravel10版テキストに加え、Laravel8版・Laravel9版もご用意しています♪

【無料プレゼント】

「LaravelでWebアプリをいちから作れるようになりたい!」

そんなLaravel初心者のあなたへ【Laravelの教科書】基礎編プレゼント中! 会員制フォーラムサイトを学習しながら作れます。

詳細はこちらをクリック

最新のLaravel10版テキストに加え、Laravel8版・Laravel9版もご用意しています♪

Laravelの本を書きました。


ひつじが目印♪
クリックするとamazonページへ。

Laravelの使い方を分かりやすく解説した書籍を出版しました。書店やAmazon等のオンラインショップにて販売中です。
Laravel10対応。Laravel11サポートガイドもご用意しています。詳しくは下記ボタンをクリック♪

書籍の詳細を見てみる

Laravelの本を書きました。


ひつじが目印♪
クリックするとamazonページへ。

Laravel10対応

Laravelの使い方を分かりやすく解説した書籍を出版しました。書店やAmazon等のオンラインショップにて販売中です。

書籍の詳細を見てみる

 

Laravelの教科書限定コミュニティ【Laravelの教科書ラボ】はじめました。
デプロイ講座付。StripeやChatGPT連携など過去10回分のセミナー動画視聴可能。

Laravel実践スキルをのばしたい方におすすめです。

ラボの案内を見てみる

Twitter始めました。
40代からプログラミング!
タイトルとURLをコピーしました