Cocoon高速化後の【値の型が正しくない】エラー解決法

cocoon値の型エラー解決法アイキャッチ SEO検索対策
スポンサーリンク

Cocoonで高速化設定をした後、Search Consoleで「値の型が正しくない」エラーが出ることがあります。

調べて解決できましたが、あまりまとまったサイトがありませんでした。

同じエラーに悩む方のために、まとめておきます。

スポンサーリンク

値の型が正しくないエラーの画面

Search Consoleでのエラーは次のように表示されます。

値の型が正しくないエラー

「値の型が正しくありません」をクリックすると、次のページにURLが表示されます。

URLをクリックすると、右側に該当箇所のコードが表示されます。

値の型エラーURLクリック

ここで “performance.mark(“inline-js-1-start”);” にハイライトが当たっていれば、今回紹介するエラーです。

エラーの原因はjavascriptの最適化・縮小

原因は、サイトの速度を上げるために行う Javascriptファイルの最適化や縮小だと思われます。

Cocoon 高速化設定では「Javascriptを縮小せる」と言う設定があります。Cocoon 高速化オプション

cocoon高速化Javascriptを縮小する

ここにチェックをいれることで発生します。

ただ私は3サイトでこの設定を行いましたが、1つのサイトでしたエラーが出ませんでした。

必ず起こるとも言えないようです。

またCocoonのバージョンの古さとも関係がない気がします。

なおAutoptimizeやAll in SEO などのプラグインで Javascript の最適化を行っても発生する可能性があります。

値の型が正しくないエラーの解決法

このエラーはCocoonのフォーラムに掲載されています。

Akiraさんとわいひらさんによるスレッドを参考に解決しました。

JavaScript 縮小時の構造化データのエラー
Cocoon 設定の「JavaScriptを縮小化する」を有効時に、構造化データで下記のエラーが出ています。 「JSON-LD 構文エラー: 値、オブジェクト、または配列が必要です。」 JSON-LD 自体に問題はなく、JavaScript 縮小時に挿入する performance.mark などが...

試していませんが丸ごと差し替えたり、Cocoonのバージョンを上げる手もあります。

ただ何か他の問題が起こるとイヤだなと思いまして、最小限の部分を差し替えました。

手順は次のとおり。

1.修正版をダウンロードする

こちらのページ右上の “Clone or download” ボタンを押します。

“Download ZIP” ボタンを押して修正版をダウンロードしてください。

Cocoon修正後のファイルダウンロード(performance mark)

2.FTPで既存の”page-speed-up” フォルダと差し替える

既存のフォルダと差し替えましょう。

念のためバックアップを取った後にアップロードすることをおすすめします。

4. エラー修正後はSearch Consoleに報告

修正後は忘れずにサチコ報告をしておきましょう。

解析不能な構造化データのエラーページを開き、修正を報告します。

後はしばし待ちます。

わたしのサイトでは、4日後ぐらいに見てみると無事エラーがなくなっていました。

「合格」になってます。

値の型合格

コメント

タイトルとURLをコピーしました