英語でプログラミングを格安で学べるおすすめの方法と注意点

プログラミング・PHP学習
スポンサーリンク

英語を使いながらプログラミングを学べば、効率よく両方のスキルをのばせます。

高品質の講義を安く受講できるなら、Udemy(ユーデミー)が一押し。

プロのエンジニアによる40時間以上の動画講座が、たった1500円程度で受講できたりします。

じゅんこ
じゅんこ

わたしも本当にお世話になりました。

Udemyの魅力、格安で受講する方法を紹介するので、英語とプログラミング力を両方伸ばすために参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

英語でプログラミングを格安で学べるおすすめの方法

Udemyは、動画で様々なことを学べるプラットフォーム。

日本では、進研ゼミでおなじみのベネッセコーポレーションが提携して、サービスを展開しています。



Udemyは全世界でサービスを展開しており、当然、英語の講座の数が一番多いです。

たとえば【php】を学べる講座を検索した場合、結果は次のとおり。

【UdemyでPHPを学べる講座の言語別統計結果】

英語 2669
スペイン語 1448
ポルトガル語 820
トルコ語 418
フランス語 245
日本語 171
オランダ語 139
中国語 124
イタリア語 112

*2020年10月13日、UdemyのPHP講座検索結果より

英語の講座は2669個もあるのに、日本語の講座は171個しかありません。

つまり英語の講座も候補に入れられれば、選択肢が増やせるということ。

品質が高く、自分にピッタリあったものを見つけやすいといえます。

Udemyの数万円の講座を1500円で受講する方法

Udemyは通常どおり講座を受けようとすると、数万円したりします。

なので、通常通り受けてはいけません^^

数万円の講座を1500円程度で受講できる方法は、ふたつあります。

  1. 年に数回開催されるキャンペーンを利用する
  2. オンライン上のクーポン番号を利用する

オンライン上のクーポン番号は、講師のTwitterやブログなどで見つけられます。

講座を申し込む前に、講師や講座の名前で検索してみてくださいね。

じゅんこ
じゅんこ

数万円の差がうまれるので、がんばって探す価値アリです!

クーポン番号は、講座を申し込むときに忘れずに入力しましょう。

わたしがUdemy講座を受講した理由

わたしはProgateや本でプログラミングを学びましたが、それだけでは、やはり基本レベルの力しか身に付きませんでした。

いちからWebアプリを作れる実践的なスキルを得るためには、実践的な学習が必要だったのです。

そこで、udemyの講座を学び始めました。

udemyは、現役のプロフェッショナルから講座を学べます。

講座によりけりですが、ひとつの講座に40時間以上のレッスンが入っていることも。

これが、たった1500円程度で受講できるので、本当にお得!

じゅんこ
じゅんこ

もちろん、先ほど紹介した安く受講する方法を使えばですが

おかげでPHPやLaravelに関する実践スキルが大分磨かれました。

英語でプログラミングを学ぶときの注意点

Udemy上で、英語でプログラミングを学ぶのは非常に良い方法です。

ただ2つの注意点があります。

学習を成功させるために、ぜひ知っておいていただきたいポイントです。

注意点①デモ動画を見て講師の発音をチェックしよう

講座の先生は、ネイティブばかりではありません。

また、英語が非常になまっている場合もあります^^;

たとえば 【exam】を【エグジャム】といったり。

じゅんこ
じゅんこ

なまりがキツイとついていくのがしんどくなります・・・

Udemyでは受講前に無料の紹介動画を見れるので、事前に先生の英語の発音をチェックしておくと良いですよ。

注意点② TOEIC700点レベルの英語力を身に着けておこう

英語のレベルがある程度ない場合は、英語で何かを学ぶのは大変。

まったく分からない言葉で、分からないことを学ぶと、ストレスがたまります。

プログラミング講座で難解な単語が使われることはないですが、それでも、ある程度の英語力をつけてから挑戦してほうが、学習を続けやすいでしょう。

英語力があったほうが講座の内容を理解でき、プログラミング力も英語力も伸びやすいです。

目安としては、TOEICなら700点以上を取れる英語レベルがあると良いかと思います。

基本単語で書かれた簡単な英文なら、ざっと理解できるレベルです。

じゅんこ
じゅんこ

実は私は企業のTOEIC講師もしていたので、TOEICのレベルには詳しいです。

注意点③ クセがある講座もあり

最後の注意点は、講座の中にはクセが強いものもある、という点。

英語の講座に限らず起こりうることですが、コードの書き方が独特で、お手本にならないと感じるものもあります。

そのまま使っても動かなかったり、自分で修正が必要なことも。

U-demy上で講師にメッセージを送ることもできますが、けっこう、面倒ですよね。

クセのある講座を避けるには、【初心者向け】と明記してある講座を選んだり、あるいは、他の人のコメントを見て判断すると良いかと思います。

特にレベルが明記されておらず、【全レベル向け】になっている講座は、内容がむずかしい場合もあります。

じゅんこ
じゅんこ

講座名に【for beginners】とついているのも良いですよ。

さいごに

今回は英語でプログラミングを学ぶ方法を紹介しました。

今回のまとめ

  • Udemyでは、英語でプログラミングを学べる講座がたくさんある
  • クーポンを利用すると安く受講できる
  • 受講前にはデモ動画で、講師の発音をチェックするとよい
  • 目安として、TOEIC700点以上程度の英語力があったほうがよい

「どんなものだろう」と思ったら、一度試してみてはいかがでしょうか。

udemyで講座をチェックしてみる

↓↓↓



なお、Udemyでは30日の返金保証までついているので、「どうも合わない」と感じたら、解約も可能です。

プログラミング・PHP学習

【無料プレゼント】

「LaravelでWebアプリをいちから作れるようになりたい!」

そんなLaravel初心者のあなたへ【Laravelの教科書】基礎編プレゼント中!
会員制フォーラムサイトを学習しながら作れます。

詳細はこちらをクリック

【個別サポート実施中】

「本ブログに記載の方法を試してみたけれど、うまくいかない」「コードを見てほしい」という方のために、有償でメールサポートいたします。以下のボタンをクリックして相談フォームにアクセスして下さい。

詳しく見る

Twitter始めました。
スポンサーリンク
40代からプログラミング!

コメント

タイトルとURLをコピーしました