Laravel 簡単に存在確認ができるexistsメソッドの使い方

Laravel・PHP豆知識・トラブル対策
スポンサーリンク

「もし値が存在すれば、こう」というif構文をいれたいとき、existsメソッドを使うと簡単にできます。

Blade.phpファイル上でも手軽に使えます。

通常の使い方と、リレーションをはってある時の使い方を解説していきます。

スポンサーリンク

Laravel 存在確認に便利なexists()の使い方

たとえば、変数$questionの中に値が存在しているかどうか。

存在していたらボタンを表示したい場合には、次のように記述できます。

書き方は次の通り。非常に簡単です。

@if($変数名->exists())

処理

@endif

リレーションをはってある場合にも、次のように記述すればOK。

もし $examと関連した $questionsに値が存在していたら、ボタンが表示されます。

使ってみてください。

Laravel・PHP豆知識・トラブル対策

【無料プレゼント】

「LaravelでWebアプリをいちから作れるようになりたい!」

そんなLaravel初心者のあなたへ【Laravelの教科書】基礎編プレゼント中!
会員制フォーラムサイトを学習しながら作れます。

詳細はこちらをクリック

【個別サポート実施中】

「本ブログに記載の方法を試してみたけれど、うまくいかない」「コードを見てほしい」という方のために、有償でメールサポートいたします。以下のボタンをクリックして相談フォームにアクセスして下さい。

詳しく見る

Twitter始めました。
スポンサーリンク
40代からプログラミング!

コメント

タイトルとURLをコピーしました