Git CommitでAuthor identity unknown エラーが出たときの対処法

Git Commit で Author identity unknown がでたときの対処法です。

Sourcetree実行時には、次のような画面が表示されます。

ユーザー名とメールアドレスが分からないと言われているので、こちらを指定してあげます。

Sourcetreeを使っている場合には、右上からターミナルを起動します。

ユーザー名の指定コマンドはこちら。

git config user.name 名前

メールアドレスの指定はこちら。

git config user.email メールアドレス

これで、再度コミットを実行してみてください。

備忘録メモ

【Laravelの教科書・プレゼント】

Junko
Laravelの使い方を覚えたい!と思ったら、ぜひ、役立ててほしいです。 基礎編は無料でプレゼント中です♪
ひつじプログラマ
会員制サイトをいちから作っていくよ。ボタンをクリックして詳細を見てね。
Laravelの教科書の詳細を見る

最新のLaravel10版テキストに加え、Laravel8版・Laravel9版もご用意しています♪

Laravelの本を書きました。


ひつじが目印♪
クリックするとamazonページへ。

Laravel10対応

Laravelの使い方を分かりやすく解説した書籍を出版しました。書店やAmazon等のオンラインショップにて販売中です。

書籍の詳細を見てみる

Laravelの本を書きました。


ひつじが目印♪
クリックするとamazonページへ。

Laravel10対応

Laravelの使い方を分かりやすく解説した書籍を出版しました。書店やAmazon等のオンラインショップにて販売中です。

書籍の詳細を見てみる


Laravelの教科書限定コミュニティ【Laravelの教科書ラボ】はじめました。
セミナーで、StripeやChatGPT連携、デバックなど実践スキルを分かりやすく学べます。

ラボの案内を見てみる

Twitter始めました。
40代からプログラミング!

コメント

タイトルとURLをコピーしました