Git CommitでAuthor identity unknown エラーが出たときの対処法

Git Commit で Author identity unknown がでたときの対処法です。

Sourcetree実行時には、次のような画面が表示されます。

ユーザー名とメールアドレスが分からないと言われているので、こちらを指定してあげます。

Sourcetreeを使っている場合には、右上からターミナルを起動します。

ユーザー名の指定コマンドはこちら。

git config user.name 名前

メールアドレスの指定はこちら。

git config user.email メールアドレス

これで、再度コミットを実行してみてください。

備忘録メモ

【Laravelの教科書・無料プレゼント】

Junko
Laravelの使い方を覚えたい!と思ったら、ぜひ、役立ててほしいです。
ひつじプログラマ
会員制サイトをいちから作っていくよ。ボタンをクリックして詳細を見てね。
Laravelの教科書の詳細を見る

Laravel8版と、最新のLaravel9版、ふたつのテキストご用意してます♪

【無料プレゼント】

「LaravelでWebアプリをいちから作れるようになりたい!」

そんなLaravel初心者のあなたへ【Laravelの教科書】基礎編プレゼント中! 会員制フォーラムサイトを学習しながら作れます。

詳細はこちらをクリック

Laravel8版と、最新のLaravel9版、ふたつのテキストご用意してます♪

「Laravelで業務効率化用のWebアプリを開発してほしい」
「社内にLaravelが分かる人がいない。コンサルしてほしい」
そんな企業様のご依頼承っています。
お問い合わせはこちら
Laravelを使ったWebアプリ開発のご相談承り中
Zoomでのお打ち合わせも承っています♪
お問い合わせはこちら
Twitter始めました。
40代からプログラミング!

コメント

タイトルとURLをコピーしました