LaravelでFilamentを使用して効率的に管理画面を作成:Role の CRUD 処理の実装方法

Laravelバージョンアップ・ニュース

Filamentは、Laravelの拡張パッケージのひとつ。管理画面作成の手間を減らせます。

Filamentを使用して作成できる管理画面の機能例をいくつか挙げてみますね。

  1. オンラインショップの商品 – 商品の追加、編集、削除、カテゴリ管理、在庫の追跡
  2. 会員制サイトの役割 – ユーザーのロールと権限の管理、会員情報の編集と更新
  3. 注文処理システム – 顧客からの注文の管理

今回の記事では、filamentを使って、会員制サイトに役割(ROLE)のCRUD処理(新規作成・編集機能)を組み込む方法を説明します。

CRUD処理を使って機能をひとつずつ搭載するのに比べて、手間が半減します。

filamentでどんなふうに機能を搭載するのか、ご興味あれば、参考にしてくださいね。

Laravel10でFilament使って管理画面作成の手間を激減:役割データを作ってみよう

まずは、通常どおりLaravelのプロジェクトを作成します。プロジェクト作成は、下記の記事を参考にしてください。

ROLEモデルとマイグレーション作成

ROLEモデルとマイグレーションを作成します。

それぞれ、コードをいれます。

[app/Models/Role.php] 

[database/migrations/作成したマイグレーションファイル] 

マイグレートを実行します。

filamentインストール

filamentをインストールします。

filamentのセットアップを行いまうコマンドを実行します。

実行後、「What is the ID?[admin]」と表示されますが、そのままEnterキーを押します。

最後に「All done! Would you like to show some love by starring the Filament repo on GitHub? (yes/no) [yes]」とでます。

filamentが気にいったら、Enterを押して、GitHubでスターをつけておきましょう^^

filamentユーザー作成

次にユーザーを作成します。コマンドを実行します。

名前とEメールとパスワードを聞かれるので、入力していきます。

ユーザー作成後、ブラウザに”ドメイン/admin”を表示します。管理者用ログイン画面を表示でっきます。

先ほど作成したEmailとパスワードを使って、ログインしてみましょう。

美しいページができあがっていて、ちょっと嬉しくなります。

filamentでRoleリソースクラスを作成

次にfilamentでRoleリソースクラスを作成します。これによって、Roleの新規作成・編集・削除ができるようになります。

まずは下記コマンドを実施します。

app/Filamentの中にファイルができます。その中のRoleResources.phpを開きます。コードを加えます。

まずはformメソッドの中に、下記コードを追加します。これによって、Roleの新規作成・編集用フォームにname入力欄が表示されます。

[app/Filament/Resources/RoleResources.php]

次に、tableメソッドの中に、下記コードを追加します。これによって、Roleの一覧画面にnameが表示されます。

[app/Filament/Resources/RoleResources.php]

以上です。画面を表示してみると、すでにサイドバーに【Roles】ができています。

選択すると、右上に【New role】ボタンがあり、こちらをクリックすると新規作成画面が表示されます。試しにRoleを作成してみてください。

作成したRoleは、一覧画面より選択できます。選択後、編集・削除も可能です。

注意点

以上となりますが、さいごに2点ほどご留意点があります。

通常ユーザー用の画面は別途作成が必要

filamentで作成するのは管理者専用画面です。通常のユーザー用ログイン画面は、Breeze等を使って作成する必要があります。

デプロイ時の設定について

デフォルトではすべてのユーザーモデルは、ローカル上でFilamentにアクセスできます。ただ本番環境にデプロイする際には、App/Models/User.phpファイルにコードを追加して、限られたユーザーのみがアクセスできるようにしておきましょう。

こちら、公式マニュアルに記載があります。

さいごに

filamentによって、CRUD機能の搭載が実にあっさりできて、感動しますね。

なお今回の記事ではRoleの新規作成・編集機能を搭載しただけですが、filamentでUserリソースクラスを作成して、管理画面上で作成したRole(役割)を割り当てたりもできます。

また色々試してみたいと思います。

 

なお【Laravelの教科書】という学習サイトにて、実際にWebアプリを開発するという前提で、CRUD処理の搭載方法を解説しています。まずはCRUD処理について基本から理解しておきたいと思ったら、こちらの案内を見てみてくださいね。

基礎編部分は無料です。詳細は、こちらのご案内ページご覧ください♪

Laravelの教科書について詳しく知る

Laravelバージョンアップ・ニュース Laravel入門講座

【Laravelの教科書・プレゼント】

Junko
Laravelの使い方を覚えたい!と思ったら、ぜひ、役立ててほしいです。 基礎編は無料でプレゼント中です♪
ひつじプログラマ
会員制サイトをいちから作っていくよ。ボタンをクリックして詳細を見てね。
Laravelの教科書の詳細を見る

最新のLaravel10版テキストに加え、Laravel8版・Laravel9版もご用意しています♪

【無料プレゼント】

「LaravelでWebアプリをいちから作れるようになりたい!」

そんなLaravel初心者のあなたへ【Laravelの教科書】基礎編プレゼント中! 会員制フォーラムサイトを学習しながら作れます。

詳細はこちらをクリック

最新のLaravel10版テキストに加え、Laravel8版・Laravel9版もご用意しています♪

Laravelの本を書きました。


ひつじが目印♪
クリックするとamazonページへ。

Laravel10対応

Laravelの使い方を分かりやすく解説した書籍を出版しました。書店やAmazon等のオンラインショップにて販売中です。

書籍の詳細を見てみる

Laravelの本を書きました。


ひつじが目印♪
クリックするとamazonページへ。

Laravel10対応

Laravelの使い方を分かりやすく解説した書籍を出版しました。書店やAmazon等のオンラインショップにて販売中です。

書籍の詳細を見てみる


Laravelの教科書限定コミュニティ【Laravelの教科書ラボ】はじめました。
セミナーで、StripeやChatGPT連携、デバックなど実践スキルを分かりやすく学べます。

ラボの案内を見てみる

Twitter始めました。
40代からプログラミング!

コメント

タイトルとURLをコピーしました