LaravelでInertiaを使う際にVueとBlade用にルート設定ファイルを2つに分ける方法

LaravelとVue連携

ひとつのプロジェクト内でBladeファイルとVueファイルを使う場合、ルート設定ファイルを2つに分けたほうが、使いやすいですよね。

どのようにするか、手順を解説します。

LaravelでInertiaを使う際にVue用とBlade用にルート設定ファイルを2つに分ける方法

既にプロジェクト内にInertiaが入っているという想定で説明していきます。

もしまだの場合、Inertiaインストールには下記記事が役立ちます。

① ミドルウェア設定を変更

app/Http/Kernel.phpファイルを開きます。middlewareGroups/web内の

HandleInertiaRequests::classを削除します。

【変更前】

次に、上記コードの下に、下記コードを加えます。

【変更後】

 

② ルート設定作成

routesフォルダの中にinertia.phpファイルを作ります。

その中に、inertia用のルート設定をいれておきます。

 

③ RouteServiceProvider編集

app/Providers/RouteServiceProvider.phpを開きます。routesの中に下記を加えます。

以上となります。

さいごに

Blade用とVue用でルート設定ファイルを分けておくと便利だと思ったので、方法を記事にしておきました。

InertiaやVueについて、ご興味あれば、他の記事も参考にしてくださいね。

LaravelとVue連携

【Laravelの教科書・プレゼント】

Junko
Laravelの使い方を覚えたい!と思ったら、ぜひ、役立ててほしいです。 基礎編は無料でプレゼント中です♪
ひつじプログラマ
会員制サイトをいちから作っていくよ。ボタンをクリックして詳細を見てね。
Laravelの教科書の詳細を見る

最新のLaravel10版テキストに加え、Laravel8版・Laravel9版もご用意しています♪

【無料プレゼント】

「LaravelでWebアプリをいちから作れるようになりたい!」

そんなLaravel初心者のあなたへ【Laravelの教科書】基礎編プレゼント中! 会員制フォーラムサイトを学習しながら作れます。

詳細はこちらをクリック

最新のLaravel10版テキストに加え、Laravel8版・Laravel9版もご用意しています♪

Laravelの本を書きました。


ひつじが目印♪
クリックするとamazonページへ。

Laravel10対応

Laravelの使い方を分かりやすく解説した書籍を出版しました。書店やAmazon等のオンラインショップにて販売中です。

書籍の詳細を見てみる

Laravelの本を書きました。


ひつじが目印♪
クリックするとamazonページへ。

Laravel10対応

Laravelの使い方を分かりやすく解説した書籍を出版しました。書店やAmazon等のオンラインショップにて販売中です。

書籍の詳細を見てみる


Laravelの教科書限定コミュニティ【Laravelの教科書ラボ】はじめました。
セミナーで、StripeやChatGPT連携、デバックなど実践スキルを分かりやすく学べます。

ラボの案内を見てみる

Twitter始めました。
40代からプログラミング!

コメント

タイトルとURLをコピーしました