LaravelでVueを使う時、コントローラーに値が渡せない原因はこれかも

LaravelとVue連携

LaravelでVueを使ってコントローラーに値を引き渡して処理をするとき。

変数の埋め込み方が間違っていると、引き渡せません。

たとえば、次のようにルート設定をしているとします。

api/tasks/{id}
vueからControllerに idの値を引き渡したいときには、次のように記述できます。
普通に+演算子を使う方法。
window.axios.delete(“/api/tasks/”+id)
バッククォートを使う方法。
window.axios.delete(/api/tasks/${id})
2つ目の書き方は、テンプレートリテラルと呼ぶそうで。
よりシンプルに変数を埋め込めます。

良く知らず、試してみたときに普通のクオテーションを使って失敗してしまいました^^;

【失敗例】

window.axios.delete(/api/tests/${id})

わたしのようなミスをする人は少ないかもですが・・・^^;

書き残しておきます。

LaravelとVue連携

【Laravelの教科書・プレゼント】

Junko
Laravelの使い方を覚えたい!と思ったら、ぜひ、役立ててほしいです。 基礎編は無料でプレゼント中です♪
ひつじプログラマ
会員制サイトをいちから作っていくよ。ボタンをクリックして詳細を見てね。
Laravelの教科書の詳細を見る

最新のLaravel11版テキストに加え、Laravel8版・Laravel9版・Laravel10版もご用意しています♪

【無料プレゼント】

「LaravelでWebアプリをいちから作れるようになりたい!」

そんなLaravel初心者のあなたへ【Laravelの教科書】基礎編プレゼント中! 会員制フォーラムサイトを学習しながら作れます。

詳細はこちらをクリック

最新のLaravel11版テキストに加え、Laravel8版・Laravel9版・Laravel10版もご用意しています♪

Laravelの教科書限定コミュニティ【Laravelの教科書ラボ】はじめました。

デプロイ講座とVue.js講座付

StripeやChatGPT連携など過去10回分のセミナー動画視聴可能。

Laravel実践スキルをのばしたい方におすすめです。

ラボの案内を見てみる

Laravelの本を書きました。


ひつじが目印♪
クリックするとamazonページへ。

Laravelの使い方を分かりやすく解説した書籍を出版しました。書店やAmazon等のオンラインショップにて販売中です。
Laravel10対応。Laravel11サポートガイドもご用意しています。詳しくは下記ボタンをクリック♪

書籍の詳細を見てみる

Laravelの本を書きました。


ひつじが目印♪
クリックするとamazonページへ。

最新版Laravel11用のサポートガイドご用意しています。

Laravelの使い方を分かりやすく解説した書籍を出版しました。書店やAmazon等のオンラインショップにて販売中です。

書籍の詳細を見てみる
Twitter始めました。
40代からプログラミング!
タイトルとURLをコピーしました