Laravel Vueからコントローラーに値を渡せたかチェック方法

LaravelとVue連携
スポンサーリンク

LaravelでVueを使った場合、コントローラーに値を渡らず、エラーになることもあります。

そんなときに便利なのが、file_put_contentsという関数を利用する方法。

受け取った文字列をファイルに書き込んでくれます。

ddは使えないし、console.logでは、コントローラーへの値の引き渡しまで確認できない。

こんなときに、file_put_contentsが使えます。

スポンサーリンク

Laravel Vueからコントローラーに値を渡せたかチェック方法

たとえば、vueファイルからコントローラーに【answer】という値を渡すとします。

コントローラー側では、次のコードをいれておきます。

コードの意味
受け取った値があれば、test.logファイルに書き込んでね

もしちゃんと【answer】をうけとっていれば、publicフォルダに test.logが作られ、受け取った値を記録してくれます。

file_put_contentsを使ってエラーを検証する時には、下記の2つのポイントも参考にしてください。

エラーの解決率がアップします^^

file_put_contentsはコントローラーの上部に挿入する

file_put_contentsは、コントローラー内の上のほうに入れておきましょう。

何か処理をする前に、値が渡っているかどうか確認できるので。

print_rではなく、var_exportを使ってもOKです。

どちらも変数の情報を出力してくれる働きがあります。

console.logと組み合わせる

vueファイルには、console.logも入れておきましょう。

こうすると問題がどこで発生しているか、判断しやすくなります。

次のような感じで入れておきます。

console.log(表示したいもの);

【実際のコード例】

こうしておくと、ブラウザ上で処理を行った際に、受け取った変数をconsoleに出力できます。

console.logメッセージの確認方法

Googleドライブであれば、ブラウザ上で右クリックをして【検証】をクリック。

(WindowsならF12キー、MacならCommand+Option+Iキーを押してもOK)

DevToolsが別画面で開かれます。

処理を行った後、Consoleタブをチェック。

きちんと値が渡っていれば、その値が表示されます。

あなたのエラー解決、願っておりおます!

LaravelとVue連携

【無料プレゼント】

「LaravelでWebアプリをいちから作れるようになりたい!」

そんなLaravel初心者のあなたへ【Laravelの教科書】基礎編プレゼント中!
会員制フォーラムサイトを学習しながら作れます。

詳細はこちらをクリック

【個別サポート実施中】

「本ブログに記載の方法を試してみたけれど、うまくいかない」「コードを見てほしい」という方のために、有償でメールサポートいたします。以下のボタンをクリックして相談フォームにアクセスして下さい。

詳しく見る

Twitter始めました。
スポンサーリンク
40代からプログラミング!

コメント

タイトルとURLをコピーしました