Laravelで安く使えるWYSIWYGエディタTinyMCEとCKEditor比較

Laravel とリッチテキストエディタ
スポンサーリンク

Laravelで使えるWYSISYGエディタはいくつかあります。

画像なしなら無料版でいけますが、画像の添付ができるファイル管理付になると有料版が必要。

果たしてどちらがお得か、比較してみます。

スポンサーリンク

Laravelで使えるWYSIWYGエディタTinyMCEとCKEditor比較

TinyMCEとCKEditor価格の比較

まずは価格の比較をしてみます。

帯域幅とは、1か月でダウンロードできる容量です。

 エディション月間契約年間契約容量帯域幅
TinyMCECloud Essential30ドル/月25ドル/月2.5GB25GB
Cloud Professional90ドル/月75ドル/月10GB100GB
CKEditorEasyImageオプション17ドル/月17ドル/月1GB5GB
EasyImageオプション35ドル/月35ドル/月5GB25GB
CKFinderオプション15ドル/月13ドル/月

参考ページ(最新の価格はこちらをチェックしてください)

  • TinyMCE:https://www.tiny.cloud/pricing/
  • CKEditor: https://ckeditor.com/pricing/

CKEditorは、【Easy Image】というオプションをつけることで、画像機能を追加できます。

一番安いEasy ImageオプションはTinyMCEより安いものの、容量や帯域幅も少な目。

なおCKEditorには、【CKFinder】というオプションもあります。

これはAmazonやDropBoxなど外部に別途ファイルを保存できる機能。

Easy Imageのように色々な機能はないものの、お値段だけいえば、当然ながら最もお得といえるでしょう。

TinyMCEとCKEditorのお試し期間版比較

TinyMCE 14日間
CKEditor 30日間

どちらのツールも有料版になる前に、お試し期間があります。

ただし利用期間に大きく差がありますね。

なおどちらも有料版とは別に無料版があり、これは、ずっと使い続けられます。

画像を扱う必要がないのであれば、無料版でよいのですが。

やっぱり無料で使いたい人へ

商用で使うのであれば、やはり有料版のほうが安心です。

ですが

「個人用のサイトで使いたい。」

「とにかく無料のほうがよい!」

という場合には、GitHubにあるツールを使えば、無料で使えます。

【Laravel】【filemanager】などの単語で検索すると、色々ツールがでてきます。

一番人気そうなのは、こちらのUnisharp。

TinyMCE、CKEditorどちらとも連携が可能なファイル管理システムを無料で提供しています。

無料なのにサポートもしっかりしているというありがたいサービスです。

別の記事で使用方法などまとめているので、気になったらみてみてください。

ただし注意してもらいたい点があります。

公式ツールとかではないので、TinyMCEがアップグレードしてしたとき、連携ができなくなったりといったトラブルが過去に起こっています。

こういったトラブルが起こった時にも、大きな支障がないサイトで使っておくことをおすすめします。

まとめ

今回のまとめ

  • TinyMCEとCKEditorの価格は一長一短
  • 細かい機能が不要ならCKEditorにCKFinderのオプションを付けるのが安い
  • 無料が良い人はGitHubでファイルマネージャーを落とすのも手

また機能に関する記事も書いていきます。

なおLaravelにフォームを設置してデータベースを連携させる方法ですが、summernoteというWYSIWYGエディタの使い方の記事が参考になります。

ご興味があれば、併せてチェックしてみてください。

 

Laravel とリッチテキストエディタ

【無料プレゼント】

「LaravelでWebアプリをいちから作れるようになりたい!」

そんなLaravel初心者のあなたへ【Laravelの教科書】基礎編プレゼント中!
会員制フォーラムサイトを学習しながら作れます。

詳細はこちらをクリック

【個別サポート実施中】

「本ブログに記載の方法を試してみたけれど、うまくいかない」「コードを見てほしい」という方のために、有償でメールサポートいたします。以下のボタンをクリックして相談フォームにアクセスして下さい。

詳しく見る

Twitter始めました。
スポンサーリンク
40代からプログラミング!

コメント

タイトルとURLをコピーしました