LaravelベースのCMS October CMSのインストール・使い方・メリットとデメリット

Laravel とリッチテキストエディタ

LaravelベースのCMSとしては、October CMSが一番人気なようです。

日本語の記事は少なく、英語の動画や記事を参考に、October CMSをインストール・テストしてみました。

感想としては、メリットは高機能であること、デメリットは、それなりに操作が難しいこと。

インストール方法・基本的な使い方・メリットとデメリットを解説します。

LaravelベースのCMS October CMSのインストール

では、インストール方法から解説していきます。

なお、わたしはxamppを使っており、今回はxamppをサーバーにして、ローカル上で使用しています。

Mampでも同じようにできると思うのですが、テストしていません。

 

ファイルをダウンロードする。

公式サイトより、Install October CMS をクリック。

下記が表示されるので、Download Installerをクリックします。

 

xampp/htdocsの中にフォルダを作成する。

とりあえず、xampp/htdocsの中に、laravelフォルダを作り、その中にoctoberという名前でフォルダを作りました。

 

①の中から、install_filesフォルダとinstall.phpファイルを取り出し、②の中にいれる。

 

XAMPPを立ち上げておく。

 

データベースを作成する。

phpMyAdmin上で、データベースを新規作成しておいてください。

わたしはOctoberという名前で作っておきます。

 

ローカルサーバー上で、install.phpファイルを表示させる。

URLは【http://llocalhost/laravel/october/install.php】としています。

laravel/octoberの部分は、Otboer CMSをいれたファイルやフォルダ名によって、変更してください。

なお、インストール可能な条件がそろっていれば、上記のようにチェックマークが表示されます。

チェックマークになっていない部分は、条件をそろえてあげる必要があります。

 

ページ下部のAgree & Continueをクリックする。

ここからは、フォームに沿って項目をいれていきます。

 

Databaseについて入力する。

Database Nameは、⑤で作成したものを入力します。

MySQL のログイン名とパスワードは、ご使用のものを入力してください。

Continueをクリック。

 

Administrator情報を入力。

適当に入れておきます。

Admin Login と Admin Passwordは、後で使うので覚えておきましょう。

Continueをクリック

 

⑩ 3つの選択肢がでてくるので、選択します。

Start from a themeを選択すると、テーマを使って作成できます。

とりあえず、これを選択。

 

テーマを選択します。

テーマ選択画面になります。ここでは、Bootstrap4を選択しておきます。

ブートストラップが好きな方はこちらが良さそうです。

installボタンをクリックすると、インストールスタート。

インストール後、下記画面になります。

Important!と書かれている部分ですが、「インストール用に使ったinstall.php などのファイルは自動的に削除されますよ」という意味です。

 

トップ画面を表示

URLに【http://localhost/laravel/october 】といれると、トップ画面が表示されます。

とりあえずここまででインストール完了!

LaravelベースのCMS October CMSの使い方

簡単に操作方法を解説します。

まずは、URLに【http://localhost/laravel/october/backend】と、入れます。

すると、ダッシュボード画面になります。

固定ページの作成・編集

左側のメニューバー、Pagesより、固定ページの作成が可能

下記のようにHTMLを使います。

Layoutsはdefaultを選択し、適当に文章を入れてみます。

テンプレート部分の作成・編集

左側のメニューバー、Partials から、メニューバーやサイドバーなど、テンプレ部分を作成・編集できます。

jumbotronの中を編集してみます。

レイアウトの作成・編集

左側のメニューバー、layouts から、ページのデザインを作成・編集できます。

この段階で、プレビューをしてみます。

すると、上記のように表示されました。

プラグインのインストール

WordPressのように、プラグインが使えます。

Settingsより、Updates & Pluginを選択。

Install Pluginより、Contact など、使いたいプラグインのキーワードをいれて検索します。

試しにContact(お問い合わせフォーム)用プラグインとブログ用プラグインをいれてみます。

プラグインの利用

インストールしたプラグインを使ってみます。

CMSメニューに戻り、Pagesより固定ページを作成・編集します。

そのとき、左側のメニューバーより、一番下のComponentsボタンを押すと、プラグインが選択できます。

選択すると、上記のように 固定ページのタイトルの下に、プラグインの名前【contactForm】が表示されます。

このプラグイン名を、編集画面に入力します。

Componentを編集画面に入れるときは、{% Component ‘プラグイン名’ %} とします。

今回は {% Component ‘contactForm’ %} といれます。

じゅんこ
じゅんこ

なお、Partials部分の挿入のときも同じルールです。

{% partial ‘partialの名前’ %}

プレビューを表示すると、こんな感じになりました。

なお、ブログ用のプラグインを使うと、こんなふうなブログ編集ページを利用できます。

LaravelベースのCMS October CMSのメリット・デメリット

以上、簡単ですが使い方の紹介でした。

手軽に素敵なサイトが作れそうだと感じますが、ここにメリット・デメリットをまとめておきます。

October CMSのメリット

  • 簡単にインストールできる
  • プラグインを使って、ブログ機能やフォームなどが簡単に搭載できる
  • テーマがあり、見た目の良いページを作りやすい

October CMSのデメリット

  • WordPressほど分かりやすくないので、最低限HTMLを知らないと入力できない
  • Laravelプロジェクトとの連携がスムーズにできるわけではない
  • 日本語の入力がいまいちスムーズにいかない(特にFireFox)
じゅんこ
じゅんこ

悪い、というより、わたしが勝手に期待していただけですが。

また日本語入力は、環境によって違うかもしれません。

さいごに

October CMSは手軽にインストールできて利用しやすいCMS。

ただ、やはりある程度知識がなければ、使いこなすのは難しそうです。

WordPressより難しいけれど、いちから作るより数段ラクだし、プラグインが使えて素晴らしい! と感じました。

わたしは期待していたLaravelとの連携がスムーズにはいかなそうなので、今回は利用しないかと思いますが、また機会があれば、使ってみます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました