1050 Base table or view already exists 本番環境でのマイグレーションエラー3対策

Laravel・PHP豆知識・トラブル対策
スポンサーリンク

本番環境でマイグレート実行した時に、[base table or view already exists] エラーが出たときの対策です。

ロールバック、テーブル削除、リフレッシュの3つの対策を解説します。

だんだんと過激な対策になっていきます。

まずは最初のマイルドな方法から試してみてください。

スポンサーリンク

Git Pullエラー1050:Base table or view already exists 3対策

エラーの意味は「マイグレートしようとしているテーブル、既にあるよ」というもの。

まずは問題のテーブルを突き止めましょう。

【マイルドな対策】ロールバックで処理のやり直し

問題のテーブルをつきとめたら、そのテーブルを作成するところまでロールバックします。

その後、マイグレートをやり直してみましょう。

なお、このエラーはテーブルに修正を加えてしまった時などに起こりがちです。(←経験則)

たとえば、テーブル名を変えたり、データ型を変更したり。

もし該当する場合には、ロールバックを実行後、こういった変更処理のマイグレーションファイルは削除してください。

最初から正しい情報でマイグレーションファイルを作成した後php aritsan migrate  を実行します。

じゅんこ
じゅんこ

力技でロールバックせずに修正を「なかったことに」する手でもOKです^^;

【少し過激な対策】テーブルを削除する

2つ目の方法は少し過激になります。

テーブルを削除してしまう方法です。

①データをエクスポートする

テーブル内にデータが入っている場合は、一度エクスポートしておいてください。

②テーブル削除します。

xserverのphpmyadminであれば、ログイン後、該当のテーブルを選択します。

「操作」タブをクリック

右側の「テーブルを削除する」を選択します。

③マイグレートを実施

削除後に再度、 php artisan migrate  を実行します。

無事にできていたら、エクスポートしたデータをインポートします。

【過激な対策】全部やりなおし

上記の方法でだめなら、全部やりなおしという手があります。

リフレッシュを行うと、すべてのマイグレーションをロールバックしてなかったことにできます。

さらに、最後に マイグレートをかけてくれます。

ただ当然ながら、テーブル内のデータは消えてしまうので、データが既に入っているときには、ご注意ください。

 

じゅんこ
じゅんこ

マイルドな方法から試してみてくださいね。

エラーの解決、祈っております!

 

Laravel・PHP豆知識・トラブル対策

【無料プレゼント】

「LaravelでWebアプリをいちから作れるようになりたい!」

そんなLaravel初心者のあなたへ【Laravelの教科書】基礎編プレゼント中!
会員制フォーラムサイトを学習しながら作れます。

詳細はこちらをクリック

【個別サポート実施中】

「本ブログに記載の方法を試してみたけれど、うまくいかない」「コードを見てほしい」という方のために、有償でメールサポートいたします。以下のボタンをクリックして相談フォームにアクセスして下さい。

詳しく見る

Twitter始めました。
スポンサーリンク
40代からプログラミング!

コメント

タイトルとURLをコピーしました